• TOP
  • 国内
  • 激変する宗教界 脱原発訴え民進党を支持する法華系新宗教も

国内

2017.02.24 16:00  SAPIO

激変する宗教界 脱原発訴え民進党を支持する法華系新宗教も

ワールドメイトの深見東州リーダー

 信者数が減り続けているとはいえ、いまも絶大な影響力と存在感を示す宗教界。いま、安倍政権の誕生で、その宗教界に地殻変動が起きている。宗教界のなかでも安倍政権と一定の距離を置いているとされる宗教団体を紹介する。

【ワールドメイト】
・代表:深見東州リーダー
・創立:1984年
・信者数:7.2万人
・本部所在地:静岡県伊豆の国市
 深見東州氏は本名の半田晴久名義で塾経営など多様な事業を営む。教団関連出版社からは保守系の出版物が多数発行。しかし深見氏と親交の深い政治家は亀井静香氏や小沢一郎氏らで、安倍政権とは微妙な距離感もある。

【幸福の科学】
・代表:大川隆法総裁
・創立:1986年
・信者数:世界1200万人
・本部所在地:東京都品川区
 創始者の大川隆法氏を地球神「エル・カンターレ」とし、ユートピア建設を目指す。幸福の科学を母体とする「幸福実現党」は憲法改正などを訴える保守政党だが、消費税増税反対、マイナンバー見直しなども主張。安倍政権の政策に批判的な側面も。

【パーフェクト リバティー(PL)教団】
・代表:御木貴日止教主
・創立:1946年(前身1916年)
・信者数:90.3万人
・本部所在地:大阪府富田林市
 戦前、前身教団「扶桑教ひとのみち教団」が国家から弾圧を受けた経緯から、戦後は平和運動などに注力。改憲や総理の靖國参拝に反対する新日本宗教団体連合会(新宗連)の中心教団の一つでもある。

【大本】
・代表:出口紅教主
・創立:1892年
・信者数:16.8万人
・本部所在地:京都府亀岡市
 神道系の新宗教。霊能力で知られ、「聖師」とされた教団指導者、故・出口王仁三郎の時代に急拡大するが、戦時下に国家から大弾圧を受ける。戦後はリベラル寄りの姿勢を見せ、護憲、脱原発などを訴える。

関連記事

トピックス