• TOP
  • 芸能
  • 待望の新ドラマ版『釣りバカ日誌』 笑いとアドリブの舞台裏

芸能

2017.04.21 11:00  週刊ポスト

待望の新ドラマ版『釣りバカ日誌』 笑いとアドリブの舞台裏

ドラマ『釣りバカ日誌』の笑いとアドリブの舞台裏

 西田敏行演じる万年平社員のハマちゃんと、釣りの弟子でありハマちゃんが勤める鈴木建設の社長、三國連太郎演じるスーさんのコンビで多くのファンを魅了した映画『釣りバカ日誌』。

 原作は、やまさき十三(作)・北見けんいち(画)コンビによる、国民的人気漫画で、単行本の累計発行部数は2600万部を突破し、現在まで約38年間、一度も休載することなく、『ビッグコミックオリジナル』で連載中である。

 22年間で22作が製作され、2009年にファイナルを迎えた国民的な映画シリーズが、2015年にテレビドラマ『釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助』(テレビ東京系)として帰ってきた。

 ハマちゃん役を若手人気実力派俳優の濱田岳が演じたことに加え、西田がスーさんを演じるというサプライズなどで話題となり、初回視聴率10.8%、平均視聴率8.1%を記録。1年半のブランクを経て、待望のシーズン2『新米社員 浜崎伝助』が4月21日から放送される。

「ハマちゃんとスーさんの呼吸は今回もピッタリ。今回のシーズン2では、ハマちゃんが入社3年目という設定です。この2年の間にふたりは頻繁に釣りに行っているはずですから(笑い)、関係はより強固になっています」(テレビ東京・浅野太プロデューサー)

 ほとんどのキャスト、スタッフが前作から引き継がれ、現場の雰囲気は実に和気あいあい。濱田は座の中心になって笑いを振りまき、西田は旬の鯵の食べ方を身振りを交えてスタッフに熱く説明するなど、笑いが絶えない。

 さらに、台本にないアドリブの応酬が繰り広げられるのも撮影現場の特徴だ。思いも寄らないセリフやアクションが飛び交い、想定外の笑いが生まれる。そんな化学反応が起こす意外な演出は、早速1話目から始まる。初回ゲストの松平健が、浜辺を白馬に乗って釣りにやってくるというのだ。

関連記事

トピックス