• TOP
  • 国内
  • 亀井静香氏 日本・韓国・北朝鮮同盟で米中ロに対抗せよ

国内

2017.05.09 16:00  週刊ポスト

亀井静香氏 日本・韓国・北朝鮮同盟で米中ロに対抗せよ

石原慎太郎氏(84)が日本の現状を憂う


◆まさかの「日韓北」同盟

亀井:今の私の政治的なスタンスは、日本、韓国、北朝鮮ががっちり手を結ぶ形を実現することなんだ。

石原:日韓北朝鮮の同盟だと。異議あり!

亀井:それには、拉致問題を解決することが先決。

石原:拉致問題はとても解決できないでしょう。いったい何人が生き残っているのかね。

亀井:できないといってたら、何もできない。そのとげを抜いて、3国が一緒になる。やりようはある。手の内は言わないよ。

石原:だけど、韓国でも反日の大統領誕生だ。

亀井:反日だって関係ない。お互いの利害で、結んだほうがいいと思えば結ぶの。日韓北が結ぶことで、米国、中国、ロシアという三大国に並び立てる存在になれる。米中ロの三角形に囲まれているから、弱小国が結束して対抗するんです。

石原:私は反対だな。朝鮮半島やバルカン半島、インドシナ半島など大きな半島にある国を“フリンジ(周辺部)”と呼ぶんだけど、必ずその上にある大国の支配や影響を受けて屈辱を味わわされ、あまり幸せな歴史をもっていない。だから、屈折していますよね。

 イギリス人の植民地統治研究家、アレン・アイルランドが1926年に著わした『THE NEW KOREA』という本には、朝鮮が瞬間的に幸せになった時代は日韓併合されたときだと書いてあるよ。

亀井:またそんなこと言って。支配されたほうは幸せでも何でもないよ。

石原:いや、イギリス人がそう書いてるということを言っているだけです。

 たとえば、(韓国の前大統領)朴槿恵の父親の朴正煕大統領という人は、貧農の生まれで、日本統治で義務教育が導入されたおかげで学校に行けて、抜群に成績が良かったから師範学校に入れて、そこから市ヶ谷の陸軍士官学校に進んだんだ。そこで一番の成績になったから、卒業生総代で答辞も読んだ。そんな植民地統治なんて世界中どこにもないですよ。

関連記事

トピックス