芸能

五木ひろし、郷ひろみ、田原俊彦、28年半ぶり共演実現の意味

スター3人の共演は1988年以来とされる(田原俊彦)

 四半世紀の時を超えて、6月7日放送の『日本の名曲 人生、歌がある』(BS朝日)で五木ひろし(69)、郷ひろみ(61)、田原俊彦(56)の3人が揃い踏みする。五木司会の同番組で、郷の『GOLDFINGER ’99』を一緒に歌う。

 五木と郷は1970年代から、田原は1980年代から歌謡界を引っ張ってきたスーパースター。1980年代は頻繁に音楽番組で顔を合わせていたものの、1990年代以降は共演の機会が減っていた。芸能担当記者が話す。

「3人の共演は、おそらく1988年12月14日の『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)以来、28年半ぶりではないでしょうか。この時、郷は1か月出演し続ける『マンスリー』ゲストを務めていました。同年、五木は日本レコード大賞の金賞を10年連続で受賞。田原は主演ドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)と主題歌『抱きしめてTONIGHT』が大ヒットしています」

 これ以降、共演が実現しなかった理由の1つには、テレビ界の構造変化がある。1980年代半ばまで音楽番組は強力なコンテンツだったが、視聴率の低下により1989年9月に『ザ・ベストテン』(TBS系)が11年8か月の歴史に幕を閉じると、1990年3月には『歌のトップテン』(日本テレビ系)、9月には『夜のヒットスタジオ』が相次いで終了。ゴールデン帯の歌番組が一気に消えてしまった。

「1980年代前半までは演歌、ニューミュージック、アイドルが一緒くたに出演しても、視聴率20%台をキープしており、大晦日のレコード大賞は30%を超えていた。テレビ界にとって、歌番組が強力なコンテンツでした。しかし、1980年代後半になると、数字が獲れなくなった。『夜ヒット』はゴールデン帯で存続しつつも、他の曜日にロック・ニューミュージック専門、洋楽専門、演歌専門という細分化した派生番組を作っていたほど。家族一緒に歌番組を楽しむというスタイルが消えていったのです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン