芸能

五木ひろし、郷ひろみ、田原俊彦、28年半ぶり共演実現の意味

スター3人の共演は1988年以来とされる(田原俊彦)

 四半世紀の時を超えて、6月7日放送の『日本の名曲 人生、歌がある』(BS朝日)で五木ひろし(69)、郷ひろみ(61)、田原俊彦(56)の3人が揃い踏みする。五木司会の同番組で、郷の『GOLDFINGER ’99』を一緒に歌う。

 五木と郷は1970年代から、田原は1980年代から歌謡界を引っ張ってきたスーパースター。1980年代は頻繁に音楽番組で顔を合わせていたものの、1990年代以降は共演の機会が減っていた。芸能担当記者が話す。

「3人の共演は、おそらく1988年12月14日の『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)以来、28年半ぶりではないでしょうか。この時、郷は1か月出演し続ける『マンスリー』ゲストを務めていました。同年、五木は日本レコード大賞の金賞を10年連続で受賞。田原は主演ドラマ『教師びんびん物語』(フジテレビ系)と主題歌『抱きしめてTONIGHT』が大ヒットしています」

 これ以降、共演が実現しなかった理由の1つには、テレビ界の構造変化がある。1980年代半ばまで音楽番組は強力なコンテンツだったが、視聴率の低下により1989年9月に『ザ・ベストテン』(TBS系)が11年8か月の歴史に幕を閉じると、1990年3月には『歌のトップテン』(日本テレビ系)、9月には『夜のヒットスタジオ』が相次いで終了。ゴールデン帯の歌番組が一気に消えてしまった。

「1980年代前半までは演歌、ニューミュージック、アイドルが一緒くたに出演しても、視聴率20%台をキープしており、大晦日のレコード大賞は30%を超えていた。テレビ界にとって、歌番組が強力なコンテンツでした。しかし、1980年代後半になると、数字が獲れなくなった。『夜ヒット』はゴールデン帯で存続しつつも、他の曜日にロック・ニューミュージック専門、洋楽専門、演歌専門という細分化した派生番組を作っていたほど。家族一緒に歌番組を楽しむというスタイルが消えていったのです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト