• TOP
  • 国際情報
  • 落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」

国際情報

2017.06.13 16:00  SAPIO

落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」

 1973年、ウォーターゲート事件の渦中にあったニクソンは、捜査を担当していた特別検察官たちを突如解任した。“土曜日の夜の虐殺”事件だ。

 5月の突然のコミー解任で、ホワイトハウス前に集まった市民は「これは“火曜日の夜の虐殺”だ!」と叫び、トランプを批判した。トランプが、周辺へのFBIの捜査を妨害したのではないかと見られるからだ。

 FBI長官の任期は10年。政権交代の影響を受けず中立な捜査ができるよう、長期に設定されている。任期途中で解任されるのは超異例である。

「理由は単純だ。良い仕事をしていなかったからだ」

 トランプは解任理由を聞かれ、そう語った。これこそ大統領お得意の「フェイク」だ。数多くの大統領を見てきた経験から言えば、トランプは限りなく「クロ」に近い。

関連記事

トピックス