• TOP
  • 国際情報
  • 落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」

国際情報

2017.06.13 16:00  SAPIO

落合信彦氏「トランプはFBIに追われ大統領職を放り出す」

いつ辞めてもおかしくはない AP/AFLO

“ロシアゲート”疑惑が広がりを見せるなか、トランプ大統領はFBI長官を解任した。だが、長官解任によってむしろFBIは本気でトランプを追い詰めようとするのではないか。そう指摘するのはジャーナリストの落合信彦氏である。

 * * *
 こんな状況でも、日本の安全保障はまだ「アメリカ頼み」なのか。トランプが大統領職を放り投げる可能性が、いよいよ高まってきた。任期途中での辞任の可能性は本連載で昨年から指摘していた通りだが、事態はより深刻になっている。

 5月9日、全米のテレビで「FBI長官、解任」の速報が流れた。その時、当のFBI長官ジェイムズ・コミーは出張でワシントンから離れ、西海岸のロサンゼルスにいた。ふとテレビを見たコミーは、「面白いイタズラだな」と呟いた。しかし直後、FBI本部に解任通知が届いていることを聞き、「イタズラ」ではないことを知らされる。

 アメリカのメディアは、コミーが慌てて空港に駆けつけて専用機に乗り込み、ワシントンに向けて離陸する様子をライヴで報じた。そうするほどに、異例の事態なのだ。

関連記事

トピックス