• TOP
  • 国内
  • 母子3人殺害 身内の犯行で福岡県警は“捜査より取材妨害”

国内

2017.06.19 07:00  週刊ポスト

母子3人殺害 身内の犯行で福岡県警は“捜査より取材妨害”

昨年、防災訓練のイベントに家族で参加していた中田容疑者(右)

 福岡県小郡市で起きた母子3人殺害事件の被害者、中田由紀子さん(38)の伯父は怒っていた。その矛先は、夫で福岡県警巡査部長の中田充容疑者(38)よりもまず、福岡県警という組織に向いていた。

「警察はとにかく事件のことを隠そうとしているように思えます。ようやく葬儀(6月11日)の時に、県警の幹部2人が斎場に来て謝ったけど、『間違ったことをマスコミに言うな』と、私らはずっと言っていたんです」

 伯父が憤っているのは、事件直後の報道だった。事件発生当初、県警は「無理心中」の見立てで、由紀子さんの姉が「妹が自殺している」と110番通報した、と発表した。が、実際には充容疑者が110番通報に対応する通信指令課勤務だったことを逆手に取り、携帯電話で姉から遺体を発見した旨を伝えられたことを「姉から自殺しているとの110番通報」と虚偽報告した。ところが県警は、充容疑者の逮捕後もこの発表を訂正しようとしなかった。

「由紀子の姉は遺体を発見して、携帯でダンナ(充容疑者)と話した時に『死んどうごたる』と言っただけ。『自殺した』なんて言ってない。そこでダンナは『自分が警察に連絡する』と言ったんです。なのに報道では『姉が自殺と通報した』となっていた。この間違いのせいで、姉とダンナが最初から繋がっていたのではないかとまで言われてしまった。すぐに取り消してくれと頼んだのですが、県警は『取り消せない』と拒み続けたんだから」

関連記事

トピックス