• TOP
  • 国内
  • 安倍首相の改憲私案に小沢一郎氏「巧妙にできているが反対」

国内

2017.06.27 16:00  週刊ポスト

安倍首相の改憲私案に小沢一郎氏「巧妙にできているが反対」

──教育無償化も盛り込むと言っている。

小沢:教育の権利と義務については現憲法にすでに明記されている。無償化などは法律で決めればいいこと。憲法のテーマではない。改憲の議論をするなら国会の二院制のあり方とか、他に議論すべきことがある。

──安倍私案は自民党の草案ともまるで違う。

小沢:自民党はよく何も言わないね。『総理、わが党にはすでに草案があります。それを変えたいなら、党の憲法調査会にあなたの案を出して説明しなさい』とぴしゃっと言うべきである。

──それどころか「読売を読め」といわれて一所懸命読んでいる。

小沢:政治家の劣化だろう。政治家の劣化は同時に国民の劣化を意味する。すなわち、最終的には主権者たる国民がしっかりしなければならない。

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連記事

トピックス