芸能

小林麻央さんが選んだ「わが家」での最期

「麻央さんは自宅に帰れて良かった」と語る小笠原さん

「愛してる」。小林麻央さんは夫の市川海老蔵さん(39才)にそう告げて、息を引き取った。2人の幼い子供を残し、34才の若さで逝く無念さは想像にあまりあるが、最期にこんな言葉を残して旅立つ姿に心を打たれた人も多かったのではないか。

 麻央さんが最期の場所に選んだのは、海老蔵さんや子供たちの待つ我が家だった。5月26日、麻央さんはがんが顎にも転移していることを明かし、その3日後、退院して在宅医療に切り替えた。彼女のブログには、我が家に帰ってこられた喜びが綴られている。

〈一ヶ月ぶりの我が家の香り。人参ジュースでお祝いです。これからは在宅医療に切り替え、自宅で点滴など続けながら、在宅医療の先生、看護師さん そして何より家族に支えてもらいながら生活していきます。

 退院前は、これから家族へかけてしまう負担が怖く、退院が近づくたび不安でしたが、やはり我が家は 最高の場所です〉(5月29日)

 それからおよそ1か月間、亡くなる6月22日までを自宅で過ごした。決して長くはないその時間は、麻央さんにとって、どんなものだったのだろう。日本在宅ホスピス協会会長で、長年在宅医療に取り組んできた『なんとめでたいご臨終』の著者、小笠原文雄医師はこう話す。

「家族と同じ空気を吸って生活するだけで心は癒やされます。ベッドで寝ているだけでも、病院と家では意味が違う。麻央さんがいちばん気にかけていたのは、おそらくお子さんのことだと思いますが、たとえば幼稚園に送り出し、無事に帰ってくるのを待っているだけでも、その時間に意味が生まれるのです」(以下、「」内すべて小笠原さん)

◆「愛してる」という言葉が物語るもの

 ブログには、子供と一緒に絵本を読んで楽しんでいる様子や、家に帰ってきたことによる喜びや安心感などにより、食事の種類や量が増えたと報告する半面、刻々と変化する病状の中で、家族にも負担がかかる在宅医療の大変さについても綴られていた。

 足の痛みを和らげるため、姉の麻耶さんが毎日懸命にマッサージをしたり、母親が点滴の処置をしたり…。添えられた写真からは、目の周りにはクマができるほどやつれ、痩せていったことも伝わってくる。

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
三谷
『鎌倉殿の13人』は大河ドラマを変えた、『仁義なき戦い』がヤクザ映画を変えたように
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
「申し訳ない」と会見で述べた鈴木俊一財務大臣。写真は2022年10月、G20開催時(時事通信フォト)
財務省の自賠責積立金6000億円踏み倒し問題 賦課金150円値上げに「奢り」が見える
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン