国内

最新国内記事のRSS

「高須平和賞」始動 300万円のメダルはノーベル賞より立派

2017.08.26 07:00

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、高須平和賞についてお話をうかがいました。

 * * *
──以前から設立を表明されていた「高須平和賞」についてお話を聞きたいと思います。メダルの金型が完成したんですよね?

高須:そうなんだよ。ノーベル平和賞よりも大きくて立派(笑い)。表面には僕の横顔がデザインしてあって、裏面には西原理恵子のイラストがデザインしてある。純金製で300万円の価値があるんだよ。

──副賞も決まっているとか。

高須:永久整形治療権と1000万円。いつでも僕に言ってくれれば、どんな整形だってタダでするよ。そもそも、美容整形で築いたお金で設立した高須平和賞なんだから、そこはぜひともタダで整形治療をさせていただきたい(笑い)。

──すでに第1号の受賞者も決定しているんですよね?

高須:チベット亡命政府のロブサン・センゲ大統領。ご本人にも連絡済みで、快諾をいただいている。今年10月にダラムサラで授与式典を行う予定で、僕のツイッターで実況中継するよ。そして、第2号は熱心なチベット仏教徒のリチャード・ギアに授与したいと思っている。リチャード・ギアはチベットを弾圧する中国を批判して、ハリウッドで干されているというけど、自分の信念を曲げないで筋を通す姿は本当に素晴らしい。高須クリニックのCMにも出演してもらいたいなあ。

──そもそもどうして高須賞を作ったんですか?

高須:僕はずっと言い続けてるんだけど、お金はガソリンなんだよ。エンジンを動かすためにガソリンが必要なように、生きていくためにお金は必要なんだ。でも、ガソリンをため込んだまま死んでも全く意味はないし、なんならそのまま遺体を焼かれたら、大火事になってしまう。お金は、生きてるうちに全部使い切るべきだと思う。

 だから、僕は自分のお金を必要としている人のために使っていきたい。高須平和賞もそのためのもの。中国に弾圧されているチベットの人々を助けたいし、信念を貫くことで仕事を干されているリチャード・ギアも支援したい。

本文を読む



マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP