• TOP
  • 国内
  • 眞子さまの婚約会見と同時間帯、雅子さまは奈良で重要公務

国内

2017.09.07 07:00  女性セブン

眞子さまの婚約会見と同時間帯、雅子さまは奈良で重要公務

ご緊張の様子も見られたご婚約内定会見

 普段は皇族方の住居を増改築する際の仮住まいとして利用される赤坂東邸で、9月3日、眞子さまと小室圭さんのご婚約内定会見が行われた。天皇陛下の孫として、初めての婚約内定。皇室にとって大きな節目となった一日を追った。

 小室さんは午前8時45分に横浜市内の自宅マンションを出発し、9時半過ぎに秋篠宮邸に到着した。皇居ではその頃、陛下がふたりの婚約を正式に認める「裁可」が行われた。初孫の婚約に陛下は大変感慨深そうなご様子で「よいお天気でよかったですね」と漏らされたという。

 11時ちょうどに小室さん、その後眞子さまと、秋篠宮ご夫妻が別々に乗られた3台の車が秋篠宮邸から、両陛下へのご挨拶のため皇居に向かった。

 眞子さまたちは1時間ほどで秋篠宮邸へ戻られ、午後3時からの会見に臨まれた。トントンと2度ノックの音が響き、会見場の白いドアから姿をお見せになったのは、鮮やかなミントグリーンのワンピースに身を包まれ、パールのイヤリングとネックレスを合わせた眞子さま。続いて、真っ白なワイシャツにストライプのネクタイを締め、ダークスーツを着た小室さんが入室した。

「本日、天皇陛下のお許しをいただき、婚約が内定いたしましたことを誠に嬉しく思っております」

 緊張があったのか、第一声が少し上ずってしまった眞子さまは笑顔を浮かべ、ゆっくりと区切りながら率直な気持ちを述べられた。

「最初に惹かれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思います」

 小室さんの第一印象をそう回顧された眞子さま。対する小室さんは、眞子さまを「私を月のように静かに見守ってくださる存在」と明かした。

 およそ15分の会見を終え部屋を出られたふたりは、ドアが閉まる直前、安堵の笑顔を浮かべられたように見えた。

関連記事

トピックス