芸能

最新芸能記事のRSS

中村玉緒、1日6時間のパチスロ健康法実践も目押しは苦手

2017.09.11 16:00

「オホホホホホ!」──手で口を押さえて上品に笑う女性の目の前にあるのは大当たりしたパチスロ機。ジャラ

「オホホホホホ!」──手で口を押さえて上品に笑う女性の目の前にあるのは大当たりしたパチスロ機。ジャラジャラと吐き出される大量のメダルを恍惚の表情で眺めていたのは、女優の中村玉緒(78)だった。

 9月1日の午後2時頃。耳をつんざくような電子音が鳴り響く都内のパチスロ店に、中村が来店した。

 彼女は大のパチンコ・パチスロ好きで知られている。かつて健康体操のイベントに出席した時には、「健康の秘訣はパチンコで、仕事が休みの日は朝9時半にお昼ごはんのおにぎりを持って並びます」と語り、近年はパチスロにハマっているとも語っていた。

 中村がこの日、打っていたのは台が震えるほどの大音量が特徴の『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』。大当たりが確定すると、曲に合わせて忍者のキャラクターが舞う人気シリーズだ。

 入店するや店員や客から挨拶をされる中村はこの店の常連客なのだろう。向かったパチスロコーナーで、台に表示されている過去の大当たりデータをチェック。お目当ての台が見つかり、腰を下ろすとそれまでの柔和な表情が一変。目つきが鋭くなり、“ギャンブラー”の顔に変わった。

 電子タバコをくわえ、左手でレバーを叩き、ポンポンポンとリズミカルにボタンを押していく。黙々と台と向き合うこと20分。急に目を見開き、

「はァ! 来ましたでぇ!」

 と叫び席を立つと、近くに座っていた男性に話しかけた。男性は中村の台に移動し、ジッと画面を見つめる。「7」が2つ揃っておりリーチの状態だった。そして男性が最後のボタンを押すと、「7」が3つ揃った。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP