芸能

元SMAP「新しい地図」はCF的手法 3日間で5.5億円の収入

元SMAP3人が9月22日に立ち上げたファンサイト

 50秒の動画が大いに話題となっている。逃げよう。自分を縛りつけるものから。ボーダーを超えよう。塗り替えていこう。などの文字が飛び込んできて、世界各地の街角を歩く後ろ姿の人々。軽やかな足取りと画面のところどころに隠される方位記号。真っ暗になった画面に「第2弾配信10.16」と浮かび上がる。これが多くの人を騒然とさせたのだ。

 そして、9月21日から22日になってすぐ、『新しい地図』というファンサイトが立ち上がった。稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)がジャニーズ事務所から独立して2週間後のことだった。朝になると朝日新聞と東京新聞の見開きいっぱいに、青空一面に手書きの方位記号が描かれた広告が飛び込んできた。

 東西南北を示すNEWSの手書き文字はS以外が反転。そのSのすぐ横には「新しい(NEW)地図(MAP)」と記されている。冒頭の動画もこの3人に関連したものだったのだ。

「新・SMAPを意味しているんだ!と嬉しくなりました。方位記号の“NEW”が反転していたのは“新しい”だけではないずっと“変わらない”SMAPという思いも隠されているといわれています。見るごとになにかメッセージが隠されているような気がして」(ファンの1人)

 その2日後には、無料インターネットテレビ局『AbemaTV』で、11月2日21時から3日間通しで行う生放送に3人が出演すると発表された。番組名は『72時間ホンネテレビ』。どのタイミングでも3人のうち誰かは出演するというもので、ファンからの質問に答えたり、芸能人宅にお泊まりする企画もあるという。

 次は何が発表されるのか。立て続けのビッグニュースに、ファンクラブの会員はこの数日間で記録的な数字に達した。

「『新しい地図』のファンクラブ会員はNAKAMAと呼ばれます。入会金1000円、年会費は4500円ですが、開始3日間で10万人が集まった。ざっと計算して5億5000万円の収入になったようです」(芸能関係者)

 絶好のスタートを切ったかに見える3人だが、「実は台所事情は苦しかったのでは」と芸能関係者が続ける。

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン