• TOP
  • ライフ
  • インスタ映えを過剰に意識したある読者モデルの末路

ライフ

2017.10.14 16:00  NEWSポストセブン

インスタ映えを過剰に意識したある読者モデルの末路

 このような「過剰演出」は、読者モデルよりも自意識の高い、歌手、芸能人になればなおさらだ。某歌姫、人気ハーフタレントのそれぞれのインスタグラムには「背景に写り込んだものが不自然に伸びている」本人の写真がアップされ、一部で話題にもなった。かわいい、きれいと言ったファンからの書き込みに混じって、彼女たちのたゆまぬ努力(?)を揶揄するような書き込みも散見される。

 そして10月1日、フランスでは「モデルの体型を加工した商業写真」には”修正写真”と印づけることを義務付ける法律が施行された。違反した場合には最大3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が科される。先立つ5月には痩せすぎモデルの起用が禁止され、ディオールやグッチなどのブランドが痩せすぎモデルの起用をしないと宣言したというから「過剰演出」の現象が世界中に蔓延し、問題になっていることが判るだろう。フランスでは、あまりに現実離れしたモデルを意識するがあまり、無理なダイエットなどで時には死に至るティーンエイジャーが増加しているとのこと。

 日本ではここまでの事態には陥っていない。だが、様々な弊害はすでに出始めている。前述の現役読者モデル・マユミさんは、特にA子の例を挙げ、警鐘を鳴らす。

「自分の加工だけなら何も言いません。でもA子は最近、自分の子供の写真まで加工するようになりました。あれじゃ、子供が学校で”お前、写真と全然違うな”といじめられるかもしれない。さらにA子は、自分のスタイルは良く見せるくせに、一緒に写ったモデル仲間を太くしたり”自分より劣っている”ように見せるようにもなりだした。もはやA子の写真に写りたいという読モはいませんが、今にトラブルが起きますよ」

 A子やB美を見ていると、ネットは気持ち悪いオタクたちが「現実逃避」のためにのめり込む電脳世界、仮想空間だと揶揄された時代のことを思い出す。自意識の高さが故に、過剰に演出された自画像をも本当だと思い込み、理想と現実がごちゃまぜなって、もはや逆転すらしているようにも見える。自分だけで完結していれば、イタい人というだけで終わるが、他人を貶めることを手段として利用し始めるとやっかいだ。自意識過剰も結構だが、他人に迷惑をかけるようになってはオシマイだ。

関連記事

トピックス