芸能

最新芸能記事のRSS

『わろてんか』 ベタな展開連発に視聴者の評価は真っ二つ

2017.10.16 07:00

 10月にスタートし、20%前後の好調な視聴率を記録している連続テレビ小説『わろてんか』。このドラマ

 10月にスタートし、20%前後の好調な視聴率を記録している連続テレビ小説『わろてんか』。このドラマを「“ベタな朝ドラ”」と評する「テレビウォッチャー」主任研究員の大石庸平さんが視聴者の声をもとに、今後の見どころを解説する。

 * * *
『わろてんか』は、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルに、“笑い”を商売とするために奮闘した女性の一代記。実在の偉人がモデルで、夢に向かってひた走るヒロインを子役が演じる幼少期からスタートする今作は、これまでの朝ドラのフォーマットにのっとったまさに“ベタ”な朝ドラと言っていいだろう。

 ストーリーに目を向けてみても、第1話のラストでおてんばなヒロインが父の大事な商談を、テーブルに置かれたごちそうをひっくり返して台無しにしてしまう流れは、既視感を通り越して“今回はベタでいく!”と宣言したようでもあった。そしてその“ベタ”こそがこのドラマの成否を握るカギとなりそうだ。

 テレビ番組の“満足度”を調査しているデータニュース社のテレビ視聴アンケート『テレビウォッチャー』によると、『わろてんか』の初回満足度は3.43(5段階評価)と高満足度の基準が3.7以上のため、決して高くはない数値。データが残る2012年下半期以降の朝ドラの初回満足度と比べても、『純と愛』3.08、『あまちゃん』3.80、『ごちそうさん』3.12、『マッサン』3.54、『花子とアン』3.30、『まれ』3.62、『あさが来た』3.53、『べっぴんさん』3.52、『ひよっこ』3.57と、計10作品中ワースト3とやはり高くない。だがワースト2作の『純と愛』『ごちそうさん』が、好評だった『梅ちゃん先生』『あまちゃん』の後で、視聴者が前作と比較して満足度を落としたように、今回も好評だった『ひよっこ』後で同じ傾向が現れたといっていいだろう。初回満足度が低いからと言って、それだけで今作が期待できないとはもちろん言い切れない。

 視聴者の感想を見ると「ありがちな朝ドラの導入だな」(43歳女性)、「朝ドラで散々見てきたパターン」(34歳女性)、「べたな展開過ぎてちょっとげんなりする」(37歳女性)など、現段階ではまだ“ベタ”に対してはポジティブに受け止められてはいない様子。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP