• TOP
  • 芸能
  • 高須院長、角界暴行騒動に「日馬富士のプロレス転向もあり」

芸能

2017.11.22 07:00  NEWSポストセブン

高須院長、角界暴行騒動に「日馬富士のプロレス転向もあり」

日馬富士暴行騒動に高須院長が一言

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、チベット自治区で発生した大地震や横綱日馬富士の暴行騒動についてお聞きしました。

 * * *
──11月18日にチベット自治区でマグニチュード6.9の強い地震が発生しました。

高須:チベット亡命政府とはずっと仲良くさせてもらっていて、つねに僕はチベットの人々のことを思っているんだよ。自治区を迫害する中国政府にも怒りを抱いている。そんななか、今回の地震は本当に驚いたし、すごく心配なんだ。でも、残念ながら現地の様子がまったく伝わってこない。

──中国内での報道では、一部の建物が崩壊したとの情報がありますが、けが人などの情報は不明のようですね。

高須:中国は相変わらずの情報統制だよ。本当にけが人が出ていないというのであればいいんだけど、冷静に考えても中国がチベット自治区に関する詳細な情報を出すとは考えにくい。チベットには、中国にとって都合が悪い情報がたくさんあるんだよ。それを知られたくないから、被害に関する情報が出てこないとしか思えないね。少なくとも中国内の報道を信じることなんてできない。こういう時にSNSが利用できれば、真実が浮かび上がってくるんだけど、中国ではそれすらできないのだから、本当に腹立たしい。人権を蹂躙するとは、まさにこのことだ。日本国内の“人権派”もこの事実をしっかり受け止めてほしいし、ネットなんかでリベラルな人々が騒いでいないのが理解できない。安倍首相を叩く暇があったら、中国政府を叩くべきだ。

──チベットに直接援助をしたり、自治区に入ったりすることはできないのでしょうか?

高須:現時点では海外からの援助などは受け入れていないようだね。僕も今すぐに現地に行って、できることをなんでもしたいけど、それすら許されないということなんだよ。こんなに歯痒いことはない。今はとにかく、現地の被害が最小限に抑えられることを願うしかない。もしも、一段落して復旧のために必要なことがあったら、なんでも手助けするし、可能であればすぐにでも駆けつける。中国政府もこういう時くらいはチベット自治区に済む人々のことを最優先に考えてほしい。

──さて、話は変わりますが、日本国内では大相撲の横綱・日馬富士の貴ノ岩に対する暴行騒動が大きな話題ですね。

高須:日馬富士サイドの言い分と貴乃花親方の言い分とが対立して、相撲協会の立場もちょっと微妙な感じで、なんとも言えない状況だなあ。

──今回の騒動にはツイッターで朝青龍も言及していましたね。日馬富士だけを悪く書いていたマスコミに対して怒りを露わにしていました。

関連記事

トピックス