• TOP
  • 芸能
  • ミスキャンパスに変化 女子アナ志望から「思い出作り」へ

芸能

2017.11.24 07:00  週刊ポスト

ミスキャンパスに変化 女子アナ志望から「思い出作り」へ

杉浦友紀アナはミスソフィア出身(写真:ロケットパンチ)

 日本でのミスコンの始まりは、明治24年に東京・浅草にあった凌雲閣で芸者約100人を撮影して投票を募った『東京百美人』とされている。それが日本の大学で「ミスキャンパス」として初めて実施されたのが、いまから44年前、1973年の青山学院大学「ミス青山」だった。

 そこから時が経ち、いまやミスキャンパスは全国200大学以上で開催されている。2002年からは各大学のグランプリ受賞者が集まる全国大会「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST」もスタート。近年はミス慶應の主催団体による不祥事や、容姿での選考をセクハラととらえる風潮など逆風もあるが、多くのマスコミの注目を集める一大イベントであることに変わりはない。

 ミスキャンパスがこれほどの注目を集めるのは、多くのグランプリ受賞者が卒業後、「女子アナ」として活躍してきたからだ。まさに女子アナ“内定”への登竜門である。元祖である「ミス青山」からはこれまで、梅津弥英子(フジテレビ)や田中みな実(元TBS)、「ミス慶應」は中野美奈子(元フジ)や竹内由恵(テレビ朝日)ら多くの人気女子アナを輩出してきた。

 しかし今年の候補者たちは、そうした女子アナを目指す学生とは少し毛色が異なるという。約20年間にわたってミスキャンパスの取材を行なってきた菅沼慶氏が今年の学生の特徴をこう解説する。

「近年はミスコンに参加する学生のほとんどが女子アナ志望だったため、“絶対グランプリをとる”と意気込んで火花を散らす学生が多かった。しかし去年あたりからそうした女子アナブームが去り、ミスコン出場者の多くは学生時代の良い思い出作りを重視する傾向になってきました」

 ミスキャンパスは毎年4~6月頃に出場者を募集し、7~9月にファイナリストが選ばれる。そして、10~12月の学園祭でグランプリが決まる流れが一般的だ。その後、全国大会は3月末に行なわれる。ミスキャンパスの中から、“日本一の才色兼備”の栄冠に輝く女子大生は一体誰か?

※週刊ポスト2017年12月1日号

関連記事

トピックス