• TOP
  • 国内
  • SNSで女性になりすますデジタル美人局 被害届が出にくい理由

国内

2017.11.26 07:00  NEWSポストセブン

SNSで女性になりすますデジタル美人局 被害届が出にくい理由

SNSで親しくやりとりした女性は、男性だった

 ネットで親しくなった女性が、実は男性だった。パソコン通信の時代から存在する性別を偽るなりすまし行為はネットオカマ、略してネカマと呼ばれる。ネカマといえば、かつては男性をからかうイタズラ目的が主流だったが、最近では、男性に電子マネーを要求する手法が広まっている。詐欺の疑いがある行為だが、被害が表沙汰になることは少ない。出会い系アプリやSNSを利用した、この新種の美人局の手口と、なぜ被害を申告する男性が少ないのか、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *
 名古屋市の私立高校に通う男子生徒39名が、女子高生を装い出会い系アプリに登録し、接触してきた男性に電子マネーを要求していたことが発覚した。同校への取材によれば、全員が同じ高校2年生で運動部に所属。入手した電子マネーで部活用具やスマホケースなどを購入するなどしていたという。

 愛知県警は詐欺の疑いもみて捜査をしているが、この手法を「昔ながらのやり方」とし、また「男子高校生らが検挙される可能性は低い」と見ているのは、愛知県内に拠点を置く指定暴力団二次団体の現役構成員だ。

「いわゆる”ネカマ(ネット上で女性に成りすます行為)”になって、デジタル版美人局を働いた、ということでしょうが、もしかしたら、我々がやっている手順を、男子高校生が見よう見まねでやったのかもしれない」(現役構成員)

 この構成員は、男子高校生たちが手を染めたのは”美人局”と指摘するが、構成員の部下や関係者も組織的に、ほぼ同様の手法でSNSや出会い系サイト上で接触した男性から金品を搾取しているのだという。

「まず、上手に女性に成りすますために、数人の女性のプロフを作る。さらに、台湾のSNS上から女性の写真を勝手に持ってくる。中国人や韓国人はすぐバレるからダメ。台湾の女の子は日本人っぽくて、日本の学校に似た制服を着ている女子高生もいる。さらに、女子高生たちの一部には下着だったり半裸の写真を上げていたりして、そういう子の写真を狙うんです」(現役構成員)

 なりすましのアカウントを仮にA子としよう。A子は東京近郊に住む女子高生で、出会いを求めており、性的な話にも興味がある。また自撮りが大好きで、たまに”セクシーな写メ”を撮影することもあり、写真交換にも応じる、といったプロフィールが設定され、出会い系サイトやSNS上にアカウントが開設される。

 すると間もなく、A子のアカウントには複数の男性からメッセージが届き、”いいね”される。A子は、プロフィールに反応してきた男性のアカウントと様々な話(メッセージ)を交わす。学校の帰りにどこに行った、昨日は夜更かしした、学校で友達と喧嘩したなど、リアルな女子高生のフリをするが、やり取りをしていく中で、セクシーな写メを交換しないかと、なんとなく匂わせる。

「拾ってきた女性の写メの中から、比較的露出の多い写真をピックアップして、相手に送る。すると、男も半裸の写真や動画、また性器が写ったものを送ってくるんです。こうなれば”こっちのもの”。相手の弱みを握ったも同然です。さらに過激な写メ、動画が欲しいなら、iTuneカードやアマゾンギフトカードなど、電子マネーのコードを送れ、そう切り出すのです」

関連記事

トピックス