• TOP
  • 芸能
  • 松居一代と藤吉久美子 お茶の間席巻「劇場型会見」の勝者は

芸能

2017.12.25 07:00  NEWSポストセブン

松居一代と藤吉久美子 お茶の間席巻「劇場型会見」の勝者は

安定感すら感じさせた会見だった

 2人の女性の“瀬戸際”の会見を目のあたりにして、考えさせられた人は多いだろう。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 年末、世間を騒がせた松居一代さんと藤吉久美子さん。そんじょそこらのフィクションを超えて「ドキュメンタリードラマ」の面白さを見せつけてくれました。2つの会見の内容は対象的でしたが、そのドラマツルギーゆえ、民放番組を占拠する結果に。2つの会見を、ドラマの基本3要素である「役者」「演出」「脚本」の視点から点検してみると……。

●「役者」としては?

 松居一代さんのデビューは1979年。『11PM』のカバーガールとしてお色気を振りまき、ドラマ『幻之介世直し帖』で女優に。映画『マルサの女』『肉体の門』『夜逃げ屋本舗パートII』などに出演していますが、代表作といえるものは? 調べてみると「主役」を演じた映画がありました。1985年29才の時、若松孝二監督の『衝撃 パフォーマンス』で男子高校生と駆け落ちする女教師に。艶系女優的役割でかなりの濡れ場もあるらしい。そのせいか「元祖・壇蜜」と呼ぶむきもいるとか。

 女優としての経歴は、華やかとまで言えないかもしれませんが、今年松居さんはたしかに「演技」で注目されました。自分でプロデュースしたYouTube「松居劇場」における、鬼の形相、射るような目、どす黒い肌……そのインパクトはホラー作品のような迫力がありました。

 一転して、離婚報告会見では花柄の服に身を包み終始ほほ笑みを浮かべ、滑舌よいセリフ回し、余裕を感じさせるペース、決めのガッツポーズ。会見の内容は別として、「段取り」通りきっちりと演じ切った様子。その演技に妙な落ち着き、安定感がありました。

 一方、藤吉久美子さんは1982年のNHK連続テレビ小説『よーいドン』でヒロインに抜擢。女優としては王道のスタート。その後、ドラマのレギュラー出演など活躍は主に90年代。最近は2時間ドラマや時代劇あたりが多く、若者の間では知らない人も多い女優さんでした。

 会見に現れた藤吉さんはすっぴん、赤く腫れた瞳、乱れた髪で号泣。しかし極端なその様子は「涙に逃げている」「ウソっぽい」との感想も多く、演技的には説得力に欠けたかもしれません。男性プロデューサーと一緒の写真では結婚指輪をはずし、会見では指輪を見えるように涙を拭いていた、と細部にわたるつっこみもありました(お笑い芸人・石井てる美さん)。

 ただし、「号泣会見でその魅力に改めて気づいた男性は多く、一部の熟女好きの間で話題になったようです」(2017.12.18「リアルライブ」)。お色気ドラマに推挙する声まで出て、いったい何が幸いするのかはわかりません。

関連記事

トピックス