• TOP
  • ライフ
  • 風邪を引いたときに気をつけるべき薬の飲み合わせ

ライフ

2017.12.26 16:00  週刊ポスト

風邪を引いたときに気をつけるべき薬の飲み合わせ

薬の併用は体に思わぬ影響を及ぼすことも

 風邪かなと思ったら、ドラッグストアで総合感冒薬、いわゆる風邪薬を買って飲む人が多いだろう。だが、他に飲んでいる薬があると、体に思わぬ影響を及ぼすことがある。薬の添付文書の記述をもとに、薬剤師の堀美智子氏が監修し、“風邪薬”との気をつけるべき飲み合わせについて一覧にした。

●「心筋梗塞」の薬との飲み合わせ

 アスピリンなどサリチル酸系の風邪薬と併用すると、ワーファリンなどの抗血液凝固の作用が想定より強まり、出血しやすくなる可能性がある。他の非ステロイド性鎮痛薬にも同様の注意が必要。

●「頭痛・発熱」の薬との飲み合わせ

 総合感冒薬には鎮痛、解熱など様々な薬効成分が含有されている。医師から処方された解熱剤や鎮痛剤などと併用すると効果が出すぎる可能性があるため避ける。

●「うつ・不眠」の薬との飲み合わせ

 総合感冒薬に配合されている抗ヒスタミン薬には眠気を引き起こす副作用がある。うつ病の薬や抗不安薬にも眠気の副作用があり、併用は注意が必要。

関連記事

トピックス