• TOP
  • スポーツ
  • 斎藤佑樹のクリスマス「イブイブ合コン」午前3時の“熱投”

スポーツ

2017.12.27 07:00  週刊ポスト

斎藤佑樹のクリスマス「イブイブ合コン」午前3時の“熱投”

 日付がかわって午前1時を過ぎた頃、“試合”はヤマ場を迎えた。1人の女性を追って、斎藤が個室から姿を現わしたのだ。

「赤いセーターを着た女性がフラフラと酔った様子で出てきて、帰ろうと出口に向かった。すると、佑ちゃんが颯爽と後を追うように出てきて、店のドア付近で2人で話し込んでいました。女性の肩や腰に手を回すなど親密な雰囲気ではあったのですが、女性は結局、友人らしい別の女性2人と連れ立って帰ってしまった。佑ちゃんは残念そうな顔をしていた」(同前)

 その後、残ったメンバーで続いた合コンだったが、午前3時を過ぎるとお開きに。黒縁メガネをかけた斎藤はタクシーに乗り込む女性たちを「バイバ~イ」と見送った。

 球団にこの日の飲み会について尋ねると、「選手個人のプライベートについては、関知しておりません」(広報部)とのことだった。

 1月から始まる自主トレを前に、最後に羽を伸ばしたのだろうか。オフはしっかり英気を養って、来季こそ頑張ってください!

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

関連記事

トピックス