芸能

寺田理恵子と近藤サトが語る好景気時代の女子アナの生活

寺田理恵子と近藤サトが舞台裏を語る

 アイドルアナのはしりとなった寺田理恵子(56)と報道からバラエティまで幅広く活躍した近藤サト(49)。1980~1990年代のテレビの舞台裏を知る“美熟女アナ”2人が「過ぎ去りし日の女子アナ」を語り合った。2人の古巣・フジテレビでは長寿番組の終了が相次いでいるが、寺田や近藤が在籍した時期は12年連続視聴率三冠(1982~1993年)を達成していた。

近藤:1980年代以降、バラエティ番組やトレンディドラマが高視聴率を稼いだことで、その担当プロデューサーやディレクターが、肩で風を切って局内を歩いていました。いいクルマに乗って、高級カバンをぶら下げて(笑い)。バブルの時代というと、ピンクのセーターを肩に掛けて、胸の前で結んでいるイメージがあるじゃないですか。そういう石田純一さんみたいな方が身近にたくさんいた。くだらないことをとにかく真剣にやる、テレビ作りが大好きな人ばかり。フジテレビって、本当に優秀でカッコいい人ばかりだった……「だった」って、過去形は違うかもしれないけど。

寺田:サトちゃんの時代ほどバブリーではないけど、海外出張もたくさんありました。『出たMONO勝負』という通販番組なのにフランスの田舎町や、ワインで有名なアメリカのナパ・バレーに行ったり。『なるほど!ザ・ワールド』の伝説的なプロデューサーの王東順さんは、当時から通販番組に力を入れていて。先見の明があったんですね。

近藤:私は1992年のバルセロナ五輪の取材で約1か月、スペインに出張しました。取材もしましたけど、ちょっとした時間があると、電車に乗って観光していました。遊びすぎて、具合悪くなっちゃったぐらい。

 その後は忙しくなって、休日はほとんどなかったです。お金は貯まる一方でした。日枝久さん(現・フジテレビ相談役)が編成局長になったことで、大きく女子アナの待遇も変わっていったんだと思います。1998年に退社するまで、すごくいい思いをさせていただきました。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン