• TOP
  • 国際情報
  • 慰安婦問題 繰り返される手のひら返しと河野談話への流れ

国際情報

2018.01.15 07:00  週刊ポスト

慰安婦問題 繰り返される手のひら返しと河野談話への流れ

 実際、1993年に大統領に就任した金泳三大統領は、徹底的な真相解明を求めながら、「日本に物質的な補償は求めない」と明言していたのである。

「日本は日韓基本条約・日韓請求権協定があるから、どんなに謝っても賠償請求に及ぶことはないと考えていたので、簡単に謝ってしまった。だが、これが韓国側にとっては『怒りをあらわにすれば日本は妥協する』と認識する、すべての間違いの始まりとなった」(前出・前川氏)

“カネの話はしないから、謝るだけ謝れ”と要求されて頭を下げた結果、“カネの話”を持ち出されることになるのである。

※週刊ポスト2018年1月26日号

関連記事

トピックス