国内

11月の眞子さまご結婚で、第二次佳子さまフィーバーも

第二次佳子さまフィーバーも長くはない?

 2019年4月末に生前退位されることが決まった天皇陛下。これにより、陛下の退位後、現皇太子さまが天皇に、秋篠宮さまは皇嗣殿下(皇位継承順位1位の立場)になられる。

 皇室評論家の神田秀一氏が語る。

「秋篠宮家の予算は年間6710万円から1億2810万円に増額され、宮家に従える職員も現在の20名ほどから70名ほどの規模に増えるとされている。今年8月末までに国は予算編成の骨格を決めるはずです」

 生前退位後の準備に追われる2018年の秋篠宮家にとって最大の出来事は、眞子さまのご結婚だろう。ICU時代に知り合ったご学友の小室圭さんと婚約された眞子さまは、11月4日、帝国ホテルで挙式する予定だ。

「ご結婚により、眞子さまは民間人となられます。皇族としての公務はなくなるので、宮内庁は眞子さまが行われていた公務を、他の皇族に振り分けることになります」(神田氏)

 2011年に20才となり、成年皇族として公務に取り組むようになった眞子さまは、以降、日本テニス協会の名誉総裁や日本工芸会の総裁に就き、外国への公式訪問はこれまでに2度あった。

 現在、皇室には陛下のほかに18名の皇族がおり、眞子さまを除く未婚の女性皇族は6名。必然、眞子さまの担当されてきた公務は他の成年皇族が担うことになるが、真っ先に白羽の矢が立つのは、妹の佳子さまだという。

「今は英国に留学中ですが、6月に帰国された後は、眞子さまが務めていた名誉総裁などの公務は佳子さまが担当する可能性が高い。ICUご入学以降、公の場に姿を見せる機会が減っていた佳子さまが表に出てこられる回数は増えるでしょう」(神田氏)

 ICUご入学時、「美しすぎるプリンセス」として、ファッションや交友関係、どのサークルに入られるか、など、一挙手一投足に注目が集まり、“佳子さまフィーバー”を巻き起こされたのは記憶に新しい。あれから3年の歳月が経ち、大人のレディーへと成長された佳子さまの公の場へのお出ましが増えれば、“第二次佳子さまフィーバー”が起こることは間違いない。

「ただ、佳子さまもお年頃ですし、大学を卒業されれば、眞子さま同様突然のご結婚も考えられます。第二次フィーバーも、長く続くものとは思わない方がよいかと」(皇室担当記者)

 できる限り多く、佳子さまのお姿を目に焼きつけておきたい。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2018年1月18・25日号

関連記事

トピックス

眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン