• TOP
  • 芸能
  • 恵比寿マスカッツ番組 目指したのは『夕ニャン』の深夜版

芸能

2018.01.25 07:00  週刊ポスト

恵比寿マスカッツ番組 目指したのは『夕ニャン』の深夜版

アイドル戦国時代に現れた最強セクシー軍団

 2008年にテレビ東京系の深夜番組として産声を上げた『おねがい!マスカット』。番組最大の特徴は20人以上のメンバーからなる番組オリジナルアイドル「恵比寿マスカッツ」にある。同グループは「AV女優」と「グラビアアイドル」で構成された史上初のユニット。歌って踊れるだけでなく、際どい下ネタからお色気サービス、果ては芸人顔負けの芸までこなすとあって、アイドル戦国時代のなかで大きな注目を集めてきた。

 チームは2008年の結成から番組名やメンバーを変えながら存続し、第2世代である現在の「恵比寿★マスカッツ1.5」は2015年から活動している。番組は今年からネットテレビのAbemaTVに活躍の場を移して放送中だ。ライターの大坪ケムタ氏が番組の魅力を語る。

「まず人気女優がアイドルとして加入しているところが凄い。彼女たちが『白い水着』という体ではありますが、超ミニスカでパンチラしているのが男心をくすぐるし、恥を捨てて芸をする姿には普段のセクシーさとは違った可愛さがあるんです。他に類を見ないバラエティ番組に成長しました。オヤジ世代にまで浸透してきた感がありますね」

 なぜ笑いにこだわるのか。番組の総監督で『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の演出で知られるマッコイ斉藤氏に聞いた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス