• TOP
  • ビジネス
  • 小学生のプログラミング教室に潜入 アプリ作れる子供も

ビジネス

2018.02.16 16:00  NEWSポストセブン

小学生のプログラミング教室に潜入 アプリ作れる子供も

人気なのはやっぱり「ゲームのプログラミング」

「親が習わせたい習い事」ランキング1位はプログラミング教室(※1)。中学生男子のなりたい職業1位はITエンジニア・プログラマー、2位はゲームクリエイター、3位はYouTuberなどの動画投稿者(※2)。小学生男子のなりたい職業4位がゲームクリエイター(※3)と、ファミリー世帯の“将来設計”はすっかり様変わりした。

 そんな世相を反映して、プログラミング教育が熱を帯びている。このムーブメントの牽引役でもあるプログラミングスクールTech Kids School(テックキッズスクール/東京・渋谷)を訪ねてみると、教室はプログラミングを学びたい小学生たちでいっぱいだった。

 2年生から6年生まで、年齢に関係なく小グループに分かれてテーブルを囲んでいる。壁際には、わが子が学ぶ様子を見学している母親たちも多い。部屋は総勢60~70名ぐらいの熱気でムンムンだ。スクールを運営するのは、サイバーエージェント系のCA Tech Kids社。同社の上野朝大・代表取締役が盛り上がりの背景を語る。

「2013年、政府が成長戦略のひとつとしてプログラミング教育を提言したのが大きな転換期となったと思います。当時、全国のプログラミング教室・講座は数十件程度だったものが、その後わずか3年で6倍の300件あまりになりました。

 私たちのスクールも、体験希望者が毎シーズン1000名を超えるなど、生徒数は3年で10倍になりました。子供にとっては、憧れのゲームクリエイターになれるかもしれない、ゲーム開発が楽しいというモチベーションから。親にとっては、2020年に始まる小学校プログラミング学習必修化に向けて、先取り教育と捉える方が多いようです。

 弊社では、スクールで学べない全国のご家庭の希望にこたえて、学習書籍『サイバーエージェント公式 こどもプログラミング』(小学館刊)を出版したり、オンライン教材の提供を始めたりしている状況です」

関連記事

トピックス