• TOP
  • ライフ
  • 日本初の電球作った“日本のエジソン”は鉄道でも日本初

ライフ

2018.02.23 16:00  週刊ポスト

日本初の電球作った“日本のエジソン”は鉄道でも日本初

初期の白熱電球(写真提供/東芝未来科学館)

 明治維新から150年を向けた今年、各地で関連イベントが予定されているが、維新とともに文明開化が一気に押し寄せた明治時代の人々は、どんな生活を送っていたのか? 明治時代に生まれた革新的な品を紹介しよう。

●紙巻煙草
 欧米の「紙巻煙草」が明治時代に輸入されるようになり、ハイカラな煙草として都市部を中心に普及した。後に「天狗の岩谷」の異名を轟かせた薩摩生まれの岩谷松平は、西南戦争で家屋を焼失したのを機に上京。国産の紙巻煙草の製造に乗り出し、明治17(1884)年頃、口付紙巻煙草「天狗煙草」を発売した。岩谷はその後、両切紙巻煙草「サンライス」を発売した京都の村井兄弟商会と熾烈な宣伝合戦を繰り広げた。

●電燈・電球
 明治15(1882)年、東京・銀座の一角に電気を利用するアーク燈が灯り、ガス燈の光に慣れていた人々も電燈の明るさに圧倒されたという。『明治もののはじまり事典』(柏書房)の著者・湯本豪一氏がいう。

「この年の雑誌『団団珍聞』に掲載された風刺漫画では、提灯やガス燈、ランプが電燈の明るさにはかなわないと嘆き、泣き崩れる様子が描かれています」

 ガス燈などが街から徐々に姿を消し、電気の時代が到来するなか、アーク燈の点灯にも関わった藤岡市助(現・東芝の創業者の一人)が明治23(1890)年、日本初の白熱電球の製造に成功する。電球の国産化と普及に尽力した藤岡は、日本で初めて電車を走らせた人物でもある。電力などの事業にも携わり、「日本のエジソン」と呼ばれている。

関連記事

トピックス