• TOP
  • 国内
  • 猫23匹虐待で逮捕の容疑者 愛護センターに侵入し奪還試みた

国内

2018.03.03 16:00  女性セブン

猫23匹虐待で逮捕の容疑者 愛護センターに侵入し奪還試みた

「猫が入っていたケージはペットショップなどに置いてある展示用の小さなものです。中にトイレを置くスペースがないため、ペットシーツを敷いていました。しかし、猫が糞尿をしても取り換えずに新しいシーツを重ねているため、汚物が長く放置されていた。ペットフードもケージの中で食べていたようで、汚物とフードが一緒になったシーツが何重にもなって、最悪の衛生状態でした。ケージの中の猫はほとんど身動きが取れなかったでしょう」

 この地獄絵図を作り出した堀口容疑者とは、一体どんな人物なのか。

「白いミニスカートに、水色のアイシャドー、真っ赤な口紅をつけてよく出かけていました。口紅は、唇から目一杯はみ出して…」(近隣住人)
「カラーコンタクトを入れていたのですが、本人は自分のことをハーフだと言っていました。左目だけ義眼と説明されました」(別の近隣住人)

 地域でもトラブルを起こしていた。

「所定の日ではない日に大量のゴミを出すことがよくありました。ルールを守るように言うと、たった今置いたばかりのゴミ袋を指差して『これは私のゴミじゃない』と開き直るんです。異常な行動が多かった。川崎市内を転々としているという話も聞いたことがあります」(同じマンションの住民)

 強制退去処分を受けた堀口容疑者は、その後2度にわたり、猫が引き取られた動物愛護センターに出向き、猫の返還を申し出たという。

 しかし、同センターはその要求を拒否。猫へのゆがんだ愛情はエスカレートし、堀口容疑者は遂に強硬手段に出る。1月9日、タクシー運転手の長吉晃弘容疑者(61才)と共謀し、深夜1時過ぎに同センターに不法侵入したのだ。

「侵入の際にセンターの鍵を壊したことで、セキュリティーシステムが作動し、警備会社職員と警察官がすぐ駆けつけたようです。建造物不法侵入の容疑で現行犯逮捕されました」(全国紙記者)

 その後、前述のように動物愛護法違反で再逮捕された堀口容疑者。警察の取り調べに対し、「虐待はしていない」と供述しているという。

※女性セブン2018年3月15日号

関連記事

トピックス