• TOP
  • スポーツ
  • にじみ出るシアトル愛 イチロー「心理的居場所」への帰還

スポーツ

2018.03.10 07:00  NEWSポストセブン

にじみ出るシアトル愛 イチロー「心理的居場所」への帰還

シアトル・マリナーズに復帰のイチローの胸中(公式サイトより)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、マリナーズに復帰するイチローの会見に注目。

 * * *
「マリナーズのレジェンドが帰ってくる」

 アメリカ・メジャーリーグのシアトル・マリナーズは、イチロー選手が6年ぶりにチームに復帰することを、公式ツイッターでそう伝えた。

 レジェンドと称されたものの、会見では自分のことを「ケージの中で一番大きく育ってしまった犬」と表現し、チームが「優しく迎え入れてくれたような…」と話した。そんな言葉から透けて見えたのは、彼のマリナーズに対する愛情、シアトルへの思いではないだろうか。

 スーツ姿で会場に現れたイチローは、緊張した面持ちながら、マリナーズに戻ってきたことについて話し始めると、複雑な表情を見せた。

2012年7月、シアトルを離れたことについて触れたときは、そこで数秒間の間があいた。その後、少しずつ彼の表情が柔らかく、目も優しく変わっていく。続いた言葉は「僕の家はシアトルにあって」だった。シアトルのことを考え始めた瞬間から、表情が和らいで楽し気になり、頬が緩んでいったように見える。シアトルは彼にとって特別な場所、戻りたかったマリナーズの本拠地がある場所だ。

 そして「いずれ…」と口にしながら、片方の唇の端を一瞬、微妙に緊張させた。戻りたいという気持ちを、彼は心の中にずっと押さえこんでいたのだろう。ようやくその気持ちを口にすることができ、思いが実現したという感情の高まりと、そんな感情を見せまいとする心の葛藤が、口元の緊張になって表れたのではないだろうか。

 続けて「またこのユニフォームを着てプレーしたいという気持ちが、どこかに常にあった」と言いながら、身体を揺らし眉間や額にぐっと力を入れ、口元を歪めた。この仕草からも、シアトルから離れていた間、そんな思いとずっと葛藤していたのだろうと想像できる。

関連記事

トピックス