• TOP
  • ライフ
  • 美人キャバ嬢はなぜ「港区女子と一緒にしないで」と怒ったか

ライフ

2018.03.18 16:00  NEWSポストセブン

美人キャバ嬢はなぜ「港区女子と一緒にしないで」と怒ったか

吉川氏に知人のキャバ嬢が“抗議”の電話

 医者や弁護士、外資系金融などお金持ち男性との飲み会を繰り広げる港区女子。その生態をリポートし続けている現役港区女子の吉川リサコ氏に、ある美人キャバクラ嬢が電話をかけてきた。彼女は怒っていたという。なぜなのか──。

 * * *
 ある日、昔からの知り合いで六本木の売れっ子キャバ嬢・アリサが久しぶりに電話してきた。アリサは、藤田ニコルっぽい顔立ちの美人で、多くの太客を抱えている。こう切り出してきた。

「ねぇ、リサコの記事読んだよ。私キャバ嬢じゃん? 港区女子もキャバ嬢も同じようなもんだ、みたいなコメントが書かれていて、ムカつく! キャバ嬢と港区女子は違うから! それ書いてよ!」

 大層お怒りの様子であった。怒りの意味がわからない? キャバクラ嬢としては、港区女子と一緒にされては困るというのである。港区女子友達からの「キャバ嬢と一緒にしないでよ!」という抗議ではないので念のため。

 キャバ嬢は、仕事である。男性に笑顔を差し出して、お金をもらっている。男好きなわけでも、チヤホヤされたいわけでもない。生活や夢のため。確固たる信念とストイックな状況下で働いているのだ。

 キャバクラは、高いチケットを買って入る夢の国と変わらない。ミッキーマウスの中身を誰も知らない。知る必要はない。ディズニーランドに行かないとミッキーマウスには会えない。ミッキーマウスと写真を撮るには行列ができる。彼女たちを連れ出して自分のものにすることはできない。

 ナメたお客さんもしばしばいるという。

「本名教えてよ」と迫る客。

「こんな高い金払うなら、店外で会おうよ」とゴネる貧乏客。

「お前らブスだな!」とお金を払うのをいいことに暴言を吐いて楽しむ客。

「急に忙しくなって、同伴できなくなった!」というドタキャン客。

 それでもめげずに笑顔を売る。プロである。

 お酒の席で、ハイスペを相手に楽しく飲んでいる港区女子を、プロであるキャバ嬢と同じように見られては困るのもわかる。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス