国内

最新国内記事のRSS

城崎温泉や熱海などの温泉地が成功 観光客激増の取り組み

2018.03.25 16:00

 外国人旅行客が日本に来る「インバウンド」という言葉が注目されるようになってから久しいが、いち早く外

 外国人旅行客が日本に来る「インバウンド」という言葉が注目されるようになってから久しいが、いち早く外国人観光客の取り込みに成功している温泉地がある。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で二つ星として掲載されたことから注目を集めた城崎温泉(兵庫県豊岡市)だ。温泉地で外国人観光客の姿を見ることは珍しくないが、城崎温泉ではその姿が、違和感なく歴史ある街並みに溶け込んでいる。

 3月上旬、現地を訪れた本誌記者はまず、まだ雪の残る中、日帰り温泉施設で誰でも入れる外湯を目指した。

 たどり着いたのは、地蔵湯という外湯。湯温が高く、さっきまでの寒さが嘘のように体がほぐれる。フランス人親子が顔を真っ赤にしてお湯に浸かっていた。

「フランスで新聞を読んでいたら、ここが紹介されていたので、来ることに決めました。熱かったですけど、ナイスな温泉です」

 別の男性は、デンマークから来たという23才。インターネットで、温泉のある小さくて景色のいい街を探してここへたどり着いたという。街のあちこちで無料Wi-Fiが使えるのも、彼のような若者には便利なようだ。

 外へ出ると、昔ながらの建物が多く、高層ビルがないのも趣がある。その前を、浴衣姿の女性たちが歩いて行く。どの案内板にも、日本語に英語が併記されているのみで、中国語や韓国語など、他言語の案内はない。城崎温泉のある兵庫県豊岡市の環境経済部大交流課の谷口雄彦課長が話す。

「城崎では、日本語やたどたどしい英語でのコミュニケーションが楽しみと言ってくれる外国人観光客も多いので、日本語か英語で対応するようにしています。外国人にわかりやすくしすぎて、風情が損なわれないようにという考えです。無料Wi-Fiを整備しているのは、SNSで、すぐに城崎の美しさを共有してもらいたいからです」

 高崎経済大学地域政策学部准教授の井門隆夫さんは、城崎の魅力をこう補足する。

「外湯が点在しているため、温泉街を回遊させるという、温泉全体を共有する文化ができあがっているのです」

 城崎を訪れる外国人観光客は、この5年で40倍にもなっているという。所変わって静岡・熱海でも、3年連続で市内宿泊客数が300万人を超え、温泉地の底力を見せている。熱海観光課の担当者が話す。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP