• TOP
  • 芸能
  • 長寿番組終了ラッシュ 史上最大の“ロス”との向き合い方

芸能

2018.03.25 16:00  NEWSポストセブン

長寿番組終了ラッシュ 史上最大の“ロス”との向き合い方

 また、終了した番組と新番組を比較しないことも大切です。長年の歴史や愛着のある番組と、まだ見たことない番組を比べるのはフェアではなく、自ら不満を抱えにいくようなもの。なかでも出演者がガラッと変わる『あさイチ』は、慣れるまで「別の番組」と思ったほうが楽しめるでしょう。

 さらに、「その他の長寿番組を楽しむ」という方法もアリ。特に日曜は、『誰だって波瀾爆笑』シリーズ(日本テレビ系)、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『NHKのど自慢』(NHK)、『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)、『噂の!東京マガジン』(TBS系)、『パネルクイズアタック25』(テレビ朝日系)、『笑点』(日本テレビ系)、『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)、『サザエさん』(フジテレビ系)と朝から夕方まで長寿番組が続くので、昔ながらの番組に親しむには最適です。

 ただ、この春終了する『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』は、長きに渡って放送されただけでなく、熱狂的なファンの多い番組だけに、特番での復活も可能性十分。『なるほど!ザ・ワールド』、『クイズ・ドレミファドン!』(ともにフジテレビ系)、『学校へ行こう!』(TBS系)のように、定期的な特番放送も考えられるだけに、フジテレビへリクエストの声を届けるのもひとつの手です。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス