芸能

復活した極楽とんぼ・山本圭壱の「フラれ芸」は健在だった

危ない芸人・極楽とんぼは真の復活を果たせるか

 2018年3月31日、1996年から続く『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)が最終回を迎える。2004年10月には33.2%という高視聴率も記録したこの番組の歴史を振り返るとき、初回放送から出演していた極楽とんぼの山本圭一(現在は圭壱)が番組レギュラーを降板、芸人としても引退していたことに触れぬわけにはいかない。復帰し、ふたたびコンビでの活動も増えた。現在のレギュラー番組『極楽とんぼKAKERU TV』(AbemaTV)によって改めて分かった彼らの独自性について、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が考えた。

 * * *
 来たる3月31日『めちゃ×2イケてるッ!』21年半の歴史が幕を閉じる。

 筆者はアラサー、この世代にとって『めちゃイケ』は特別な番組だ。“バラエティ”を理解し始める10歳前後に『めちゃイケ』の放送がスタート。ちょっと年の離れたお兄さん・お姉さん(開始当時・岡村隆史26歳)の活躍を夢中になって見ていた。

『めちゃイケ』は“バラエティ”でありながら“ドキュメンタリー”。特に、極楽とんぼ・加藤浩次は番組内で私生活をさらけ出した。結婚と出産に母親の再婚、自らの借金返済まで。デリケートな話題も全て笑いにし、視聴者を楽しませてくれた。

 なかでも、2016年に放送された極楽とんぼの相方・山本圭壱の復帰SPはすごかった。2006年に淫行事件を起こし、吉本興業から解雇された山本と番組内で対決。格闘技リングの上で、つかこうへいの舞台のようなセリフの応酬。怒り、悲しみ、そして愛が混ざる加藤の言葉が山本に突き刺さる。過剰な対話を見て、「これぞ!めちゃイケ、これぞ!極楽とんぼ」と胸が熱くなった。

『めちゃイケSP』で禊を済ませた山本は、10年ぶりに吉本興業グループのよしもとクリエイティブエージェンシーに復帰。かつての解雇は山本の身から出た錆、コトがコト、極楽とんぼの復活には反発も多い。しかし、この日を指折り待っていたファンも沢山いることだろう。ちなみに僕もその1人だ。

 何事にも言えるが、失ってこそ気づく素晴らしさがある。僕にとって、極楽とんぼがそれ。山本が表舞台から消えて気づいた2人の魅力があった。極楽とんぼは、他のコンビじゃ代わりが効かないスタイルを持っていた。

『めちゃイケ』でも繰り広げられたケンカコントを筆頭とした粗暴な芸風。また、謹慎前に根城としていたラジオ番組『極楽とんぼの吠え魂』(TBS)では純度の高い悪趣味な笑いを提供していた。

 ある放送のフリートーク。山本は月9ドラマ『ラブ・レボリューション』(2001年放送)のメインキャストに選ばれたことを嬉々として加藤に報告する。それを聞いた加藤は「共演女優をガンガン狙っていけ」と山本に命令。最初は渋っていた山本も加藤に説き伏せられ、

加藤「米倉涼子(共演女優)を抱きてぇんだろ!」
山本「ハイ!」
加藤「米倉涼子を抱きてぇんだろ!」
山本「ハイ!」

 とコールアンドレスポンス。

 普通の芸人ならば、このやりとりだけで終わる。しかし、極楽とんぼは違う。放送のたびに、加藤は山本にドラマ現場で何が起きたか現状を報告させる。そして毎回、加藤は荒唐無稽な恋愛プランを山本に提示。もちろん応えられるはずもなく、毎度「やったか!」と加藤にドヤされる山本。ドラマ撮影期間中は、このやりとりが何度も行われていた。

 最終的に、山本は米倉涼子からドラマ主演の江角マキコにターゲットを鞍替え。番組内で江角に向けたオリジナルラブソングをテープに録音し、本当にプレゼント。もちろん、江角から好反応が来るはずもなく。「共演女優を抱くプロジェクト」は失敗に終わる。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン