芸能

露出急増の元人気子役 須賀健太、濱田龍臣らなぜ男子が多い?

子役はもう卒業? ちょっぴり大人な濱田龍臣

 最近、すっかり大人になった元人気子役たちがテレビや映画に出演している。とりわけ、女子よりも男子の活躍がニュースになることが多い。いったいなぜか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 このところ、「あの元人気子役がイケメンに!」という記事や、テレビ番組への出演をよく見かけるのではないでしょうか。

『人にやさしく』(フジテレビ系)『ALWAYS三丁目の夕日』(東宝)らに出演した須賀健太さんが23歳に、『龍馬伝』(NHK)『怪物くん』(日本テレビ系)らに出演した濱田龍臣さんが17歳に、『忍たま乱太郎』(ワーナー・ブラザース)『天地人』(NHK)らに出演した加藤清史郎さんが16歳になり、子役時代に匹敵する活躍を見せています。

 さらに、『流星の絆』(TBS系)『江~姫たちの戦国』(NHK)らに出演した嘉数一星さんは2011年に引退したものの、19歳になった今年、嘉島陸という名前で再デビューが決定。4月スタートの『花のち晴れ~花男Next Season~』(TBS系)にメインキャストの1人として出演することが発表され、話題を集めています。

 これまで元子役の活躍は、安達祐実さん、井上真央さん、鈴木杏さん、志田未来さんら女性が多く、「元子役の男性は難しい」「男児は大成しない」などと言われてきましたが、ここに来て状況が変わりつつあるのです。

◆トピックス性とギャップが求められる時代

 その理由として真っ先に挙げられるのは、トピックス性がより重視される時代になったこと。ネットの普及で情報があふれる中、メディアからピックアップされ、多くの人々の目に留まるためには、作品だけでなく俳優個人にも、明快かつインパクトのあるトピックスが求められる時代になりました。

 その点、「元子役」というトピックスは、明快かつインパクト十分。ドラマや映画だけでなく、イベントやCMなどの出演でも強さを発揮し、キャスティングの面で優位に立てるのです。芸能事務所も、元子役本人もそのことをよく分かっていて、かつては子役だったことを隠したがりましたが、現在では「トピックスになるならどんどん出していく」というスタンスの人がほとんど。元子役の成長を見届ける視聴者も含め、制作サイド、事務所、本人の4者すべてにメリットがあるのです。

 また、前述したように、「すっかりイケメンに」という報じ方もポイントのひとつ。須賀さんや加藤さん、あるいは鈴木福さんを見れば分かるように、もともと男児の子役は、あどけないタイプが多く、おのずと成長後のギャップは大きくなっていきます。

 彼らにとっては、子役時代の顔と名前を知られていること自体が大きな強み。視聴者の頭には当時のイメージがあるため、成長後の「イケメン」「男らしい」「ワイルド」「やんちゃ」「オタク」などの新たなイメージがギャップとして受け止められやすいのです。

◆「子役引退後の再デビュー」も新たな潮流に

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン