• TOP
  • 国内
  • 天橋立、うにいくら牛ステーキ食べ放題+カニツアーの内容

国内

2018.04.16 16:00  女性セブン

天橋立、うにいくら牛ステーキ食べ放題+カニツアーの内容

のっけ放題の海鮮丼に紅ずわいがに1杯と豪華なメニューが並ぶ

 名古屋を拠点とするカッコーツアーが主催する日帰りバスツアーの中でも人気が高いのが、名古屋から天橋立を往復する日帰り食べ放題ツアーだ。

 早速予約してみる。平日だったせいか、8000円台とちょっと安い上、1週間前でも予約が取れた! 休みが取れるなら平日の参加がおすすめだ。

 このツアーの魅力は、日本三景・天橋立の絶景を眺めながらのランチで、うに・いくら・牛ステーキなどが食べ放題・のっけ放題できること。お腹を空かせておこうと朝食を抜いて、名古屋駅太閤通口へ、朝7時半に向かった。

 最初に立ち寄った先は福井県・敦賀の「昆布館」。道中ガイドさんが、「おぼろ昆布ととろろ昆布の違い」や「おにぎりをおぼろ昆布で巻くと、いかにおいしいか」などを力説。昆布館ではもちろん、おぼろ昆布をお土産に購入した。ついでに、全国でもここでしか食べられないという昆布ソフトクリームにもトライ。確かに、ほんのりと昆布の風味が…。

 その後再びバスに乗り、12時頃に天橋立に到着。いよいよ、食べ放題・のっけ放題だ。あわびにほたて、牛ステーキが焼き放題なのに加え、海鮮丼には、うに・いくら・鯛・サーモン・いか・甘えびがのっけ放題。極めつきは、紅ずわいがにが1人1杯つくという。

 ツアー詳細を読んで知ってはいたが、実際にそれらを目の当たりにすると、あまりの豪華さに目がくらむ。たらふく食べられることは間違いないが、ネックは50分という制限時間。まずは、時間がかかりそうなかにをおかずに、海鮮丼を食べ、牛ステーキ、ほたても数切れずついただく。1品の量は少なく、種類を多く食べるといいようだ。

 昼食後は腹ごなしに天橋立観光へ。天橋立ビューランドは別料金(割引券付き)がかかるが、ここまで来たら行っておきたい。さらに智恩寺まで足を延ばした。

 帰りは敦賀の「日本海さかな街」に立ち寄って、新鮮な魚介をお土産に購入。夕方に着いたため、営業時間ギリギリ。その代わり、生鮮品の値引き交渉がOKに。ぜひ値切ってみよう。

 たっぷり買い込んで19時30分頃名古屋に到着。夕飯ももちろん、お土産に買った海鮮で、充実の一日でした!

【ツアーDATA】
「天橋立 アワビ&ステーキ食べ放題 うに&いくら&鯛のっけ放題+紅ズワイガニ一杯付
●出発地:愛知/名古屋
●旅行代金:8980~9500円
●出発日:4/28・4/29・4/30、5/1・5/3~5/6
●コース:名古屋発~敦賀・昆布館~天橋立(昼食)~天橋立・文殊エリア~日本海さかな街~名古屋着
●問:カッコーツアー

※女性セブン2018年4月26日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス