• TOP
  • スポーツ
  • ハリル電撃解任を仕掛けた更迭直訴状と“リエージュの夜闘”

スポーツ

2018.04.17 07:00  週刊ポスト

ハリル電撃解任を仕掛けた更迭直訴状と“リエージュの夜闘”

「韓国戦の結果を受けて、本田圭佑ら選手数人がハリルの戦術に対して意見を出し合ったそうです。“このままじゃW杯で1勝もできずに終わる”といった意見が集まり、それを集約して協会に伝えることになったそうです」

 だが、そんな“直訴状”が実を結んだ形跡はなかった。協会関係者はこんなことを話す。

「田嶋会長が緊急会見で、昨年末の韓国戦後にもハリル監督の解任について『議論を交わした』と説明していますが、この話は選手の耳にも届いていたのではないか」

 その後も、選手とハリル監督の関係は改善されなかった。選手たちにとっては協会が代表監督を制御できていないと映った。その鬱憤が積もっていった末に“リエージュの夜闘”を迎えた。

※週刊ポスト2018年4月27日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス