芸能

渋谷すばるが脱退の関ジャニ∞、そのどん底時代と絆

歌唱力はジャニーズでも随一といわれる渋谷

 関ジャニ∞の渋谷すばる(36才)が4月15日、会見を開きグループからの脱退を表明した。今年の12月31日をもってジャニーズ事務所からも退所することとなる。

 NHK『紅白歌合戦』に6年連続で出場し、“エイター”と呼ばれるファンクラブ会員は約56万人。今や同じ事務所の「嵐」に次ぐ男性アイドルグループに成長した関ジャニ∞だが、彼らは長い下積み生活を経験してきた。

 大阪出身の渋谷は15才の誕生日にジャニーズのオーディションに合格。母親に「5000円あげるからついてきて」と言われてオーディションを受けたという。

「関西ジャニーズJr.」の一員となった渋谷は、関西でKinKi Kidsらのコンサートがあると招集され、当日会場で振り付けを教わって本番に臨んだ。

 当時は滝沢秀明(36才)を頂上にしたジャニーズJr.の全盛期。渋谷は並居るJr.のなかで「東のタッキー、西のすばる」と称されるほどの人気者となり、18才の時に上京し、ひとり暮らしを始めた。当時の心境を渋谷は過去のインタビューで本誌にこう明かしている。

《憧れのタッキーと並べられるのは光栄やけど、とても越されへんって自分でわかってたからつらかった》

 上京したもののCDデビューの目途は立たず、見知らぬ土地で相談できる友達もいない。渋谷は仕事もせず、家に引きこもってギターを弾く日々が続いた。

 当時は他メンバーにとっても苦難の時代で、渋谷と同い年の村上信五(36才)は遊園地でバイトをし、同じく横山裕(36才)は建築現場で働いていた。錦戸亮(33才)も友人の洋服店で接客を手伝った。

◆一枚岩だった関ジャニ∞だが…

 仕事がなく、バイトばかりだった男たちに転機が訪れたのは2002年のこと。大阪松竹座で関西ジャニーズJr.だけの舞台『ANOTHER』が開催された。これをきっかけに渋谷は東京の部屋を引き払って大阪に戻った。

《みんなと稽古始めたら、すごくラクになって。東京では負けられへんって気が張りすぎてたんでしょうね。ここでもう一回頑張ってみようと決心したんです》(渋谷。本誌インタビューより)

 一念発起した渋谷は同年、関西ジャニーズJr.の仲間たちと「関ジャニ8(2004年から「∞」)」を結成した。

「それでもしばらくは不遇の時代が続きました。そんな当時のすばるくんを支えたのは他のメンバー。なかでも丸山隆平くん(34才)と安田章大くん(33才)は年下なのにすばるくんのために手っ取り早く稼げる配送系のバイトを探してきて面接の日程を決めるなど、何かと世話を焼いていました」(当時を知る芸能関係者)

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン