• TOP
  • 国内
  • 出所者の社会復帰を支援 「刑務所専門求人誌」の募集要項

国内

2018.05.20 07:00  週刊ポスト

出所者の社会復帰を支援 「刑務所専門求人誌」の募集要項

すべての漢字にルビが振られている

 刑務所内の高齢化対策が進む一方で、若者の社会復帰を支援する動きも始まっている。今春創刊された「受刑者向け」求人誌の中身とは。

 その名も『Chance!!』という。今年3月に創刊された日本初の刑務所専門求人誌で、全国の刑務所や少年院など20以上の施設に合計800部が配布された。支援団体を通じて130人以上の受刑者にも配布されたという。

 創刊号に掲載された求人企業は飲食、製造、建築、介護などを手がける12社。多くは社員数名~数十名規模だが、中には社員400名を超える外食産業もある。各企業の「募集要項」に記される内容も、仕事内容、応募資格、勤務地・時間、給与、社会保険や社員寮といった福利厚生など、一般の求人誌と特に変わりはない。給与体系も一般の求職者と同じで、経験や技術によっては60万円近い月給が保証される職場もある。

 一方で、一般向け求人誌にはない特徴も。全ての漢字に読み仮名を振る配慮がされているほか、「刑務所専門ならでは」の項目がある。それが、募集要項に設けられた「採用できない罪状」だ。企業ごとの違いはあるが、多くが「殺人」「強盗」「強姦」などの凶悪犯罪に加え、「覚せい剤」などの薬物使用者をNGとしている。逆に、犯歴を「一切問わない」企業もある。

 刊行したのは、犯罪歴や非行歴のある人の就労支援を手がける株式会社ヒューマン・コメディ。同社代表取締役の三宅晶子氏は、創刊の意図をこう明かす。

「現実問題として、前科のある方が正規に就職するのはなかなか厳しい。隠そうとしても身辺のチェックが入ればすぐバレてしまいます。今はネットでなんでも出てきてしまうから。だったら最初からオープンにしてしまおうという発想です。彼らが就職や住む場所に困るのは『自業自得だろう』という気持ちが世間にあるのかもしれませんが、犯罪を許すのは難しくても、出所後にやり直しがきく社会であってほしい」

 三宅氏によると、出所者を雇った経験のない企業には、求人誌への掲載は勧めていない。せっかく就職しても長続きしないなどのトラブルはよくあることだという。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス