スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

小林祐希「カタールW杯で日本代表主将に、オレはなる」

2018.06.23 16:00

 西野ジャパンの進撃は「元代表」にとっても大きな刺激となるに違いない。2016年5月、キリンカップの

 西野ジャパンの進撃は「元代表」にとっても大きな刺激となるに違いない。2016年5月、キリンカップのボスニア・ヘルツェゴビナ戦で日本代表デビュー、その後移籍したオランダ1部リーグのヘーレンフェーンでは、2シーズンにわたりコンスタントにプレーしてきたMF小林祐希。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の下ではたびたび代表に招集されていたが、本大会開幕を2カ月前にしての突然の指揮官交代も影響してか、ロシアW杯の予備登録メンバー35人からも漏れることになった。ロシアW杯で日本中が沸く中、すでに4年後のカタールW杯を見据える小林が、「日本代表主将」への道筋を語った。(取材・文/栗原正夫)

──現在は日本で束の間のオフを過ごされていますが、2018-19シーズンに向けてはどういう状況ですか?

小林:ヘーレンフェーンとの契約があと1年残っているので、もし移籍の話がなければ6月中にはチームに合流して、プレシーズンのキャンプに参加します。ただ、移籍マーケットは8月末まで開いているので、もし移籍の話があれば将来についてゆっくりと考えたいと思っています。

──ロシアW杯が開幕する前の2017年の年末には、早くも2022年カタールW杯にキャプテンとして出たいとも話していました。今後4年間をどう過ごされるのかは気になります。

小林:言っちゃいましたからね。まだロシアW杯も始まってないときに……(笑)。

──そこに向けては、どういうプロセスで辿り着くイメージですか。

小林:カタールW杯に出ることを考えると、その時には最低でも4大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア)でプレーしていたい。そこで試合に出ていれば確実にメンバーに入れると思っているので。もしそれでも選ばれなかったら、それは選ぶ側に問題があるってなりますよね。代表についていえば来年1月にはアジアカップも始まるし、そこから中心でやりたい思いは強いです。ハリルさん(ハリルホジッチ前監督)の時みたいに出来上がったチームに途中から入っていくとか、サプライズみたいに言われるのはオレは嫌だし(笑)。4年後は当確で行きたいし、できればその頃にはヨーロッパリーグやチャンピオンズリーグに出るようなクラブでプレーしていたい。そうすれば、自ずとW杯に近づきますよね。

──具体的にどこのリーグに行きたいとはありますか。

小林:スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア。その4つ以外は考えられないですね。もちろん、オランダリーグの上位3強、アヤックス、PSV、フェイエノールトに行ければ、その後のステップアップもしやすくなるので、喜んでいきますけど。

──なかでも一番の希望を挙げるとすれば、どこになりますか。

小林:スペインのリーガ・エスパニョーラですね。

──それは、なぜ?

小林:たとえば「来週、どこと試合なの?」って聞かれて、「バルサ」って言えたらカッコよくないですか(笑)。それにスペインの食や気候も魅力に感じます。移籍するということは、その街に行って生活するわけですから、当然どんな街かということも重要になってきます。もちろん、オランダにもいいところはたくさんありますし、ダメではないんです。ただ、日本で来週AZと試合と言っても、「それどこ?」ってなってしまう。オランダリーグでプレーするのも簡単ではないんですけどね。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP