• TOP
  • スポーツ
  • 巨人・坂本勇人の登録抹消、全裸動画問題と関係かと訝る声も

スポーツ

2018.07.23 07:00  週刊ポスト

巨人・坂本勇人の登録抹消、全裸動画問題と関係かと訝る声も

老川オーナー辞任を発表する石井球団社長(時事通信フォト)

 同僚の野球用具の窃盗に、全裸乱痴気騒ぎの動画公開。初代オーナー・正力松太郎の遺訓「巨人軍は常に紳士たれ」の対極にある愚行を働いた選手には厳罰が下り、7代目オーナー・老川祥一氏の引責辞任に至ったのも当然の結果だった。

 しかし、それが「巨人軍の自浄作用」といえるのか。むしろ今回の醜聞は、《巨人軍の選手差別》という伝統が40年にわたって脈々と続いていることを示している。

 老川オーナーの辞任が発表された7月17日の緊急会見で石井一夫・球団社長は、辞任理由として「6月以降に相次いで発覚した不祥事」を挙げた。

 1つは、二軍の篠原慎平・投手(28)が都内カラオケ店での男女10人の酒席で全裸になり、河野元貴・捕手(27)がその動画をSNSで知人らに公開した一件だ。

 それから約1か月後、柿澤貴裕・外野手(23)が、二軍本拠地(読売ジャイアンツ球場)のロッカールームで阿部慎之助・内野手(39)らの野球用具計110点を盗み、中古ブランド店に売却していたことが明らかになり、窃盗容疑で逮捕された。

関連記事

トピックス