夫源病は「しんどい」という


 結婚生活41年目の別居。上沼を古くから知る人物は彼女のこんな胸の内を明かす。

「かつては、夫の定年に合わせて自分も仕事を辞めてハワイや和歌山の別荘でのんびり過ごすと公言していました。しかし、実際に2人の生活が始まると想像とはまったく違ったそうです。実際の暮らしは夫に振り回されてばかり。恵美子さんは『真平さんは私に“母”の役割を求めすぎる』とイライラしていました」

 7月中旬、1人で自宅を出た上沼を直撃した。

──旦那さんは今どちら?
「ウチのマンションです。そっちの自治会長になったので、自宅とマンションを行き来しています」

──上沼さんは自分の時間を持つためホテルに宿泊されているとか。
「フラフラするのでね。今でもホテルに月2回泊まっています」

──夫源病の状態はいかがですか?
「しんどいですねー。夫源病に悩む人は、(夫と)距離を空けたほうがいいんじゃないですかね」

──夫婦の現在の関係は?
「淡々としております(苦笑)」

──離婚は?
「ないと思います。するほうが邪魔くさいわ。ハハハ…」

 完全別居は否定したが、夫とのすれ違い生活は認めた上沼。突然の取材にも即座に対応してくれたものの、どこか顔色はすぐれなかった。前出・上沼の知人が言う。

「恵美子さんはこれまで夫のため、家庭のためと頑張ってきたのに全然評価されず、病気にまでなった。テレビでわざわざ夫源病を公言して一定の距離を置こうとしているんでしょう。ただ、惚れた弱みというのか、誰かが“恵美子さんの稼いだお金で遊び三昧の今はさすがにヒドい!”と旦那さんの悪口を言うと、どことなくかばうんですよ。それだけに見ていられなくて…」

 4年前、上沼はテレビ番組で、仮に夫と離婚になった場合についてこう話した。

「通常は財産は半分だけど、私は敏腕弁護士を雇います。泥沼恵美子です」

 西の女帝に決断の時が迫っている。

※女性セブン2018年8月9日号

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン