• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん、看板のない個室マッサージに月2回通う

国内

2018.07.26 07:00  女性セブン

小室圭さん、看板のない個室マッサージに月2回通う

マッサージ店から出てきた小室さん

 東京都心の高層ビル群の谷間は、午後6時半を過ぎても、気温30℃を少し下回る程度で、汗が噴き出すほどの熱気が溜まっていた。7月中旬の金曜日、勤務先の法律事務所が入居するビルを出た小室圭さんは、小走りで駅に向かっていた。ダークスーツに白いシャツ、ネクタイはせずに、蒸し暑さに不釣り合いな大きめのマスク。背広を着たSPは、額に浮かぶ汗を拭きながら早足で後をついて行く。

 地下鉄に乗り、冷房の効いた車内でスマホに目を落としながら皇居のすぐわきの地下を通過、乗り換えをすると、目的の駅に着いた。地上出口を出るとすっかり夜の帳が下りていて、週末の繁華街のネオンの下を多くの人が行き交っている。小室さんは慣れた足取りで、往来をかきわけて進む。

 19時のほんの数分前、お目当てのビルに到着したようだ。飲食店の店舗などの看板は見当たらない雑居ビル。小室さんはエレベーターを上がり、ある一室のインターホンを押した──。

 間接照明の薄暗い室内には、ソファとテーブルが置かれている。カーテンで仕切られた部屋の奥にはベッドがあり、そこで施術が行われる。ここは、ビルに看板もなくホームページさえもない、知る人ぞ知るマッサージ店「N」だ。

 施術ルームの壁は全面が白塗り。家具は茶系で統一され、観葉植物が置かれたアジアンテイスト。そして部屋中でほんのりと香るアロマ──。

「健康的な小麦色の肌とスタイルのよさが印象的な、妙齢の女性セラピストが1人で経営するお店です。大手の指圧・アロママッサージのグループから数年前に独立したそうです」(常連客の1人)

「N」でも指圧マッサージとオイルマッサージのメニューがあり、指圧だと1時間で約6500円、オイルだと約1万円。施術の前に紙ショーツ1枚に着替え、どのコースでもまずお湯の入った木の桶の中に足を沈め、足裏やふくらはぎのマッサージが施されるところからスタートする。

「小室さんは小学生の頃から、お母さんに連れられて、その女性セラピストのところに通っていたそうです」(小室家の知人)

 肩が凝りやすいという母が施術を受けている間、隣でじっと待っていた小室少年は、小学生の頃から指圧マッサージをしてもらうようになり、中学生になって受験勉強を始めると、母親と並んで首や肩の凝りをほぐしてもらうようになったという。

 小室さんが眞子さまと婚約内定の会見に臨んで“有名人”になるまで、母子は一緒に店に通い、近所で食事をして帰ったそうだ。

「社会人になってからは、2週間に1度ぐらいお店に通ってマッサージを受けているそうです。特に最近はストレスも多いでしょうから、つい足が向かうんでしょう」(前出・知人)

 その夜は小室さんが店に入ると、SPも一緒に入店。施術ルームの外の待ち合いのソファで時間を潰していたのだろうか。たっぷり1時間半ほどの施術が終わると、再び一緒に店を出た。ビルから出てきた小室さんは珍しくマスクを外していて、すっきりとした笑みを浮かべていた。

※女性セブン2018年8月9日号

関連記事

トピックス