芸能

朝ドラ漫画家のモデル・くらもちふさこ氏「私も挫折した」

リアル秋風羽織こと、くらもちふさこさんが『半分、青い。』を語る(ドラマHPより)

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、永野芽郁(18才)演じる主人公・楡野鈴愛が師事する少女漫画家・秋風羽織(豊川悦司・56才)にはモデルがいた。それが、くらもちふさこさんだ。画業45周年を迎えてなお、名作を生み続けているくらもちさんが、ドラマの制作秘話や少女漫画界のリアルについて語った。

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(東京・胸騒ぎ編・第7~14週)に、漫画家・秋風羽織の作品として登場するや、「懐かしい」「この漫画って本当にあるの?」などと、新たなファンを巻き込んで話題になっているのが、漫画家・くらもちふさこさんとその作品だ。一体どういう経緯で、ドラマに登場することになったのだろうか。

「ドラマが始まる2年ほど前に、脚本家の北川悦吏子さん(56才)から直接、“絵を使っていいですか”と、連絡をいただいたんです。その時は、背景の小物として登場する程度かと思い、すぐに快諾したのですが、まさか、ここまで大きく扱ってくださるとは。若い世代のかたにも改めて作品を読んでもらえる機会が増えました」(くらもちさん、「」内以下同)

 ドラマに登場する漫画作品『いつもポケットにショパン』、『東京のカサノバ』、『アンコールが3回』、『A-Girl』、『海の天辺』は、いずれも1980年代の少女漫画を“実際に”牽引した作品ばかり。

 さらに、ドラマ内では、漫画家の生活や仕事風景などもリアルに再現され、これらも、くらもちさんの経験が生かされている。

「私は、ストーリーにはノータッチ。監修したのは、ペンなどの作画道具の使い方や仕事の流れ、原稿料など、漫画の仕事にかかわる部分です。作品やアドバイスさせていただいた内容が、どうストーリーに反映されているかは、ドラマが放映されないとわからない。私は基本的にいち視聴者なんです。あ、ここで出てきたんだ、なんて、毎回ワクワクしながら見ていました」

◆私にも鈴愛と同じスランプがありました

 ドラマでは、漫画の仕事風景がかなりリアルだったというが、秋風羽織先生と鈴愛のような師弟関係も実際にあるのだろうか。例えばドラマでは、鈴愛がスランプに陥って締め切りに間に合わなくなる。それを見越した秋風先生が、代わりの原稿を用意する師弟愛を見せていた。

「アシスタントの作品について、アドバイスをしたり、サポートしてくれる先生もいらっしゃいます」

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン