ビジネス

マツダの魂動デザイン生みの親 部下への誉め言葉は「変態」

マツダ車の洗練・統一された魂動デザイン

──社内では“変態”というのが最大の誉め言葉だそうですね。

前田:何回ダメ出しをしても、腐るどころか逆に奮起して努力するような部下を、私は最大級の誉め言葉として“変態”と呼んでいます。要はおかしいと思われるくらい仕事にこだわる人たちのことです。

「楽にモノを作るな、本当に丁寧に作れ」と僕はよく言うんですが、効率化一辺倒の世の中からはいいモノは生まれません。シンプルに愚直に、効率化とは逆行していく仕事をするしかないと思っています。

──叱って伸びるタイプ、誉めて伸びるタイプ両方いるわけですが、前田さんの場合はどういう指導法ですか。

前田:いい仕事をしたなと思ったら、純粋に滅茶苦茶誉めますよ。それこそ拍手もするしハグもする。逆にダメだった場合は、叱っていい人と悪い人とを区別するような面倒くさいことは考えず、さっき言ったように「これが100%の力か?」とだけ、誰に対しても分け隔てなく言いますね。そういうところは、ストイックに心を鬼にしています。

 なぜなら、そこで上司が「時間が足りなかったか」などと妥協した態度を見せた途端、もうそこで終わってしまいます。仮に時間の制約がネックになっても、「オレが責任をもって時間を作るから妥協はするな」とギリギリまで頑張らせます。

──デザイナー、あるいはクレイモデラ―など専門職の社員にも、優れた技術や技能を発揮すれば部長や幹部社員に匹敵する待遇を用意するなど、前田さんは社内の人事・評価制度も変えました。専門職の人たちのモチベーションもかなり上がりますね。

前田:頑張っていい成果を出した社員は当然、いい対価を得るべきだし、いい成果がそのまま給料に反映されるという、シンプルな評価制度になりました。

 結局、その社員がマツダというブランドに対してどれだけ貢献したか、そういう視点でポジションも給料も決めていくことを心掛けてやってきました。そのためにはリーダーの考え方や方向性の打ち出しで表現はいろいろあっても、軸だけはずっとぶらさないように心掛けてきました。そこが揺らいでしまうと、部下もバラバラになってしまいますからね。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン