• TOP
  • 国内
  • 誘致合戦が激化 「和歌山に大阪カジノ」語る二階氏の論理

国内

2018.08.09 11:00  週刊ポスト

誘致合戦が激化 「和歌山に大阪カジノ」語る二階氏の論理

「永田町のカジノ王」になるのは…(時事通信フォト)

 国会でIR(統合型リゾート)法案が成立し、日本でのカジノ開設が近づいてきた。当面設置が認められるのは3か所だけに、自治体による誘致合戦が激化している。地元にカジノを──国会閉会中の政治家たちの関心はもっぱらこれだが、政権の二大キーマン、菅義偉・官房長官と二階俊博・幹事長の間に不穏な空気が漂っている。

「関西で鎬を削るのが大阪と和歌山ですが、松井一郎・府知事をはじめ維新の会は大阪への誘致ありきで与党に協力してきたし、維新とのパイプ役である菅長官もその事情は理解している。一方の和歌山も全庁横断一体の『IR誘致推進プロジェクトチーム』を7月に立ち上げるなど気合い十分だが、普通に考えれば関西に2か所は分が悪い。そこで和歌山とすれば、地元の二階幹事長に頼るしかないという状況です」(在阪記者)

 その二階氏は最近、周囲にこんなことを言っているという。

「カジノは“東京ディズニーランド方式”でやるんだ。ディズニーランドは東京を名乗っているが実際には千葉にある。だから、大阪カジノという名目で実際には和歌山でやってもおかしくないんだ」

 そうなれば菅氏の面子は丸つぶれになるが……。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス