国内

パチンコ店で指名手配犯とバッタリ! 元刑事の捕物劇

パチンコ店で指名手配犯と隣り合わせて…

 警察の内部事情に詳しい人物が関係者の証言から得た、警官の日常や刑事の捜査活動における驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、元刑事がパチンコ店での指名手配犯逮捕の一幕を回想。

 * * *
「あっ!と思ったら、隣に犯人がいたんだよね。それも自分が指名手配した犯人がさ」と元刑事は苦笑いした。そんなまさかの逮捕劇が、一昔前、八王子のあるパチンコ店で起きたのだという。

 最近では警察ドラマの中で、パチンコ店でのシーンを見ることはほとんどない。だが昔の刑事ドラマや任侠映画では、刑事が情報屋やワケありの者を探す場としてパチンコ店がよく使われていたのだ。

「今は少なくなったけど、昔はパチンコ屋で時間を潰している刑事もけっこういたよね。遊んでいるように見えるけど、実際は泥棒が来たり、いろんなのが来たりするから、そういう名目もあってパチンコ屋にいたんだけど、まぁ自分も楽しんでいる部分はあったね。俺もけっこう好きだったから、よく行ったし(笑い)」

 非番のその日も、元刑事は所轄管内にある八王子のパチンコ店に出かけた。当時、髪にはパンチパーマをかけ、着ていたのはジャージー。その姿は、ちょっとそのスジの人に見えたはずだ。

 パチンコ店に入ると、ある台の前に座った。早く当たれと思うのだが、なかなか当たりがこない。どんどん熱が入り、台とにらめっこ状態が続いた。誰が横に座ったのか周りなど気にすることなく、ただただパチンコに夢中になっていた。

 台がひと際大きな音を立て、仕掛けがカラフルに回転する。「おっ当たった!」。台がフィーバーし始めたのだ。ようやく、ほっと大きく息を吐いた。それと同時に余裕も出てきて、ふと周りが気になった。何気なく、横に目を向けたその瞬間、

「あっ!」

 思わず出そうになる声を飲み込んだ。台を一つあけた隣に年配の男がいた。その顔に見覚えがある。写真のあの顔が脳裏に浮かんだ。自分が毒劇物取締法違反で指名手配をしたやつだ。

「いた!」

 全身に緊張が走る。だが、男の足元には出した玉を入れた箱が積み重ねてあった。昔は今みたいにカードで玉がキープできる仕組みはなく、出した玉は、専用の箱に入れ足元に積んであった。

 それを見た元刑事、「えっ? ずいぶん出しているじゃないか。やつがここに座ってから30分は経っているんじゃないのか? 俺はパチンコに夢中で、今までやつに気付かなかったのか…」──そう思った途端、瞬間的に動いた。応援を呼ぶだけの余裕が彼にはなかったのだ。

 すぐさま男に声をかける。

「○○さんだよね?」

 名前は今も覚えている。確か「さん」付けで声をかけたという。

「あぁ、そうだけど」

 面倒くさそうな声で返事をしながら、男が怪訝そうに振り向き、元刑事を睨みつけた。

「こいつだ!」

 非番とはいえ警察手帳は持っていた。睨みつけている男の顔の前にすっと手帳を差し出した。勢い、男は立ち上がり、慌てて逃げ出そうとした。その身体に元刑事が飛びかかる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン