• TOP
  • 芸能
  • あの『バチェラー』2人が対談 撮影後の「社会復帰」を語った

芸能

2018.08.17 16:00  NEWSポストセブン

あの『バチェラー』2人が対談 撮影後の「社会復帰」を語った

初代バチェラーの久保裕丈氏

 容姿、収入、学歴と全てを持った独身男性(バチェラー)を20人の美女が奪い合う、大人気恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)シリーズ。

 米国発の本作は、浮き世離れしたゴージャスな空間で繰り広げられる“婚活バトル”が受けて大人気作品となったが、美女からの猛烈アプローチや豪華な暮らしといった、非日常の生活を終えたバチェラーの私生活はどうなっているのだろうか。

 20代を中心に人気のカジュアルファッションマガジン『Maybe!(メイビー)』(小学館)の5号では、シーズン1のバチェラーで恋愛指南書『その恋はビジネス的にアウト』の著者である久保裕丈氏と、シーズン2・小柳津林太郞氏の2人による対談が実現。彼らが撮影後の日常生活を赤裸々に語った。

小柳津:撮影が終わってから、日常モードに戻るのは結構辛かったです。僕はただのサラリーマンなので、会社を3か月休んで、その間にすごい派手な生活をしていたってことなので。そもそも仕事に復帰するのに一苦労でした。

久保:僕がバチェラーに参加していたのは2か月間。その間はすごい熱量でした過ごしていたのにそれが突然なくなったので、やっぱり強い喪失感がありました。それまでのことが凄く刺激的でいい日々だったなとより思えてくるというか。やっぱり急に生活が質素になるというのも大きいと思う。

小柳津:そうですね。放映が終わるまでデートも表だってはできないし、質素な生活にはやっぱり戸惑いました。多少リハビリが必要ですよね。今はもう仕事も通常通り。デートも焼き鳥とハイボールがあればいいと思えるようになった。

久保:今まであんなに豪華なデートができていたのに、特に放送終了までのデートは基本は家とか、ご飯を食べに行くとしても個室じゃないと行けないとか。そういうストレスやフラストレーションは、彼女にも自分にもかなりありましたよね。

 やはり、豪華生活からの社会復帰はなかなか難しいようだ。対談ではこの後も2人の議論は白熱し、話題は「撮影中の苦労」や「恋愛観」など様々なテーマで語り合ったという。

撮影■木川将史

【プロフィール】くぼ・ひろたけ/1981年生まれ。東京大学大学院卒。外資系企業を経て、現在は株式会社クラスCEO。『バチェラー・ジャパン』初代バチェラー。著書に『その恋はビジネス的にアウト』(小学館)がある。

【プロフィール】おやいづ・りんたろう/1981年生まれ。慶応義塾大学卒業。現在は株式会社サイバーエージェント、株式会社AbemaTVで室長を務める。ニューヨーク育ちの二代目バチェラー。

関連記事

トピックス