• TOP
  • 芸能
  • 高須院長 東京五輪に苦言「死者が出る。10月にずらすべき」

芸能

2018.08.17 07:00  NEWSポストセブン

高須院長 東京五輪に苦言「死者が出る。10月にずらすべき」

このままの東京五輪開催は危険すぎると語る高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は2020年開催の東京五輪についてお話をうかがいました。

 * * *
──2020年の東京オリンピックまで約2年となりましたが、重大な懸念事案となっているのが暑さです。開催は7月24日から8月9日までで、東京はちょうどいちばん暑い時期です。今年は最高気温35度超えの猛暑日も多くて、熱中症の危険性も叫ばれています。

高須:あまりにも危険すぎるね。東京五輪の組織委員会や小池百合子知事なんかは、なんとなくどうにかなりそうだという雰囲気を出しているけど、絶対にアウトだと思うよ。下手をすれば死者が出るかもしれない。選手も観客も熱中症でどんどん倒れてしまうよ。これは間違いない。

──何らかの対策法はあるのでしょうか?

高須:今から2年でどうこうなるものではないし、野外で競技をしなくてはならないのであれば、開催時期をずらすしかない。今からでも遅くないから、組織委員会は平謝りで、「10月に変えてください」って頼み込むべき。そのためには賠償金だって払ったほうがいいと思うね。

 だって、人が死んでしまうかもしれないんだよ。何事も命には代えられない。それに多くの国民が猛暑による危険性を指摘しているんだから、開催時期をずらすというのは恥ずかしいことでも何でもないし、むしろ当たり前のことだよ。もしも、この時期に開催して暑さが原因で死者が出たら、一体どうするんだ。10月開催にすれば解決できることなんだから、それをやろうとしないのは怠慢と言われても仕方ない。

──暑さ対策という意味では競技時間をずらすという案もあるようです。マラソンのスタート時間を午前7時に設定するという案もありますね。

高須:いやいや、午前7時の時点で気温はもう30℃くらいになっているじゃないの。そこからさらに気温は上がっていくんだから、全然大丈夫じゃないよ。

──あとはサマータイムで時計を2時間早めるという案も浮上していますね。

高須:2時間早めたところで、今度は逆にいろんな試合が佳境になったところで最高気温になっちゃうんじゃないのかな? もう今の東京の夏は、朝から晩まで暑いんだから、全く意味ないね。高校野球なんかも正直ドクターストップをかけたくなっちゃうもんなあ。

 それにこんなに暑い中、競技をするとなると、「東京五輪には出ない」という選択をするプロのアスリートも多いんじゃないかな。もしも東京五輪に出たために体を壊して、それ以降競技ができなくなってしまったら、どれだけの損害額になるのかっていう話だよ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス