• TOP
  • 芸能
  • TBS宇垣美里アナ、「オタク系女子アナ」の新ジャンル築くか

芸能

2018.08.22 16:00  週刊ポスト

TBS宇垣美里アナ、「オタク系女子アナ」の新ジャンル築くか

新境地を開拓か(ツイッターより)

 TBSの宇垣美里アナ(27)といえば、大学時代はミス同志社に輝き、TBS入社後も『週刊プレイボーイ』でグラビアモデルを務めるなどアイドル顔負けのルックスで知られるが、最近は別方面で注目を集めている。8月12日放送の情報番組『サンデー・ジャポン』で日本最大のアニメ、漫画関連イベントをレポートした際、人気美少女アニメキャラのコスプレを披露し、「かわいすぎる」とネットのアニメファンを歓喜させたのだ。

 実はイベント当日会場を訪れていた男性客の間では、放送前からこの“美女”の存在が話題になっていた。参加者が興奮気味に語る。

「テレビの取材なんて迷惑でしかないんですが、別格にかわいい子がいたので“誰なんだろう”と噂になっていた。会場にはエッチなポスターも多いんですが、彼女は取材クルーを引き連れて『あれ、すごい』と出展者に近づいたり、成人向け冊子の表紙を見ても『絵がうまい』と喜んだりしていた。そのあとテレビを見たら女子アナだったんだって驚きました。しかもアニメファンだって言っていたから、なんて良い子なんだと好きになりました」

 それにしても女子アナが美少女アニメ好きをカミングアウトとはずいぶん大胆な気がするが……。

「宇垣アナは、今年3月に朝の看板情報番組『あさチャン!』を降板になった際、“コーヒーカップを壁にぶちまけて抗議した”と報じられて以来、それを逆手に取った“闇キャラ”が開花しているんです。『サンジャポ』で『生きていて申し訳ない気持ちになる』『人それぞれに地獄がある』などのネガティブ発言を連発したりして、かわいらしい顔とのギャップが反響を呼んでいた。今回のコスプレ披露はその先の一手ということではないでしょうか」(TBS関係者)

 宇垣アナは“オタク系女子アナ”という新たなジャンルを築こうとしているのかもしれない。

※週刊ポスト2018年8月31日号

関連記事

トピックス