スポーツ

金足農・吉田輝星投手の素顔 パンツ破りやカエル嫌い

焼けた肌と白い歯のコントラストがまぶしい(写真/共同通信社)

 試合終了──史上初となる2度目の春夏連覇を達成し、喜びを爆発させる北大阪代表の大阪桐蔭ナインを前に、雑草魂で頂点まであと一歩に迫ったエースは天を仰ぎ涙を流した。

 第100回の記念大会となった今回の甲子園。最も注目されたのは、秋田代表・県立金足農業高校の快進撃を牽引した吉田輝星投手(17才)だろう。強い意志を宿すくっきりとした二重の目、鼻筋の通った端整な顔立ちに輝く白い歯。冷静なマウンドさばきと熱い咆哮をあげる姿とのギャップは、世の女性たちの心をわしづかみにした。

「フィーバーぶりは、早稲田実業のハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(北海道日本ハムファイターズ)が2006年に甲子園を沸かせたとき以来です」(スポーツ紙記者)

 これまで夏の甲子園で優勝したことのない東北の、しかも公立農業高校のエース。地元の期待を一身に背負い、この夏は地方大会から決勝まで一度もマウンドを譲ることなく、白球を投げ込んだ。

「ナイン全員が秋田出身。全国からエリート選手をかき集める強豪校にはない“雑草魂”も彼らの強さの1つです」(同前)

 輝星という名前の由来は「輝く星になってほしいから」。また、シドニー五輪柔道100kg級金メダリストの井上康生氏にもちなんでいるという。甲子園でまさに輝く星となった吉田投手は、2001年、秋田市に生まれた。元高校球児の父親も金足農業でピッチャーを務めており、現在は同校のOB会長だ。梨農家を営む祖父も、やはり同校OBだった。

 野球に初めて触れたのは小学1年生のとき。すぐにのめり込み、中学生になると自らランニングを日課にした。

 マウンドでは冷静沈着かつ強気な吉田投手だが、野球を離れると意外な一面を見せる。

「実は吉田投手はカエルが大の苦手。また、オフの日はスマホ片手に家でゴロゴロしているインドア派だそうです」(地元メディア記者)

 白く輝く歯がまぶしい吉田投手だが、あの白さはマウスピースをつけているからだ。

「投球時に歯を食いしばるので、奥歯が欠けてしまったことがあるそうです。それがきっかけで、2年生の頃からマウスピースを使うようになりました。試合では規定で白いものしか使いませんが、練習では、ピンクやチームカラーの紫を使うことが多いです」(同前)

 吉田投手はさらに意外なエピソードも持っていた。歯を欠いただけでなく、パンツを破いたこともあるというのだ。

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン